えぷろん。

 いつものバス停にて――


「ハダカエプロンかぁ~……」

 イブキが野菜ジュ~スをズ~ズ~と飲みながらポツリとそんな事を呟く。


「…………アンタなに言ってんの!?」

 その呟きを聞きとめた月夜が呆れ顔で問い返してきた。


「いや~。イブキさんカレシできたらテリョ~リをたべさせてあげるのがリソ~なんだケドさぁ~そんときはやっぱしハダカエプロンのがよろこぶのかなぁ~っておもって」


「そんな事して本当に喜ぶの? 男の人って……」

 月夜が少し疑わしい表情で、


「さぁ~……でもオトコのユメってまでいってるぐらいだから……よろこぶんじゃない?」


「ちょっと待って――」

 そういって月夜はスマホをイジって、


「確か……昨日の夜そんな記事を見たような……あっ! あったあった」

 月夜はスマホ画面を見せながら、


「だいたい半々みたいよ。45パ~セントが嬉しいと思う反面、54パ~セントがひいちゃうみたい」


「あ~……そなんだ。よかった」

 イブキが安堵する。


「よかったの?」


「うん。だって、あんなはずかし~カッコウしたくなかったし……」


「ふ~ん……」

 月夜はイブキの胸を見ながら、


『彼氏さんもガッカリするからやらないほうがいいよ』

 と、思ったけど口にはしない月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます