たいぼ〜

いつものバス停にて――


「まだかな〜はやくこないかな〜♪」

月夜が上機嫌で歌っぽいなにかを口ずさむ。


「なにが? なつやすみ?」

イブキが月夜歌詞に質問する。


「違う違う。これよこれ――」

そういって月夜はスマホ画面に映ったカップヤキソバを見せる。


「えぇ……これをまってんの? うたちゃうぐらいに……」

あからさまにテンションの下がったイブキが呟く。


「そ〜なのっ! やっと再販されるんだ‼︎ しかも今度は湯切りの時にフタがズレて『麺どばぁ』がないよ〜改良されてんだよっ‼︎」

イブキのテンションとは対照的に上機嫌で月夜が解説する。


「へェ〜……そなんだ」


「あっ! でも――」


「そ〜だよね。そこまでフューチャーするモンじゃな――」


「なんか『麺どばぁ』がなくなったのはファンとしてはちょっと寂しいかも?」

嬉しそうにそういう月夜にイブキは言葉失った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます