しんれ〜ど〜が。

 いつものバス停にて――


「おぉ! がいこくでわだいのシンレ〜ド〜ガがあるんだっ⁉︎」

と、いうイブキの呟きを耳にすると、若干距離を取る月夜。


「へェ〜……3つのカガミをあわせたよ〜なサンメンキョ〜のカガミにうつるオンナのこのうちひとつがこちらをにらむよ〜にうつってんのかぁ〜」


「………………………………………………」

月夜はイブキのほうに背を向けて、耳にはBluetoothワイヤレスのヘッドホンを着けていた。

艶があり、柔らかそうポニ〜テ〜ルの髪が風もないのに左右に揺れているのは、聴いてる音楽に合わせてか、イブキの呟きで身震いしてか――?


「ねぇねぇ月夜」

構ってくれない月夜に業を煮やしたイブキが直接尋ねる。


「月夜はみたくないの? チョ〜こわいシンレ〜ド〜ガ」

イブキ言葉に振り向く月夜は、


「こ、こわいのホント……ダメ……だから……」

 瞳に涙を湛えたまま、そう訴えかける月夜に少し反省するイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます