せきゅりてぃ。

 いつものバス停にて――


「ペヤングが6月8日から販売開始かぁ~…………おもったより長かったなぁ~……」

 月夜がグルメ情報に載っていた記事を見ながら呟く。


「なぬっ!?」

 イブキが突然、珍妙な声を上げる!


「わぁ! なに? どったの!?」

 月夜がイブキの声に驚く。


「んとね…………」

 イブキは自分のスマホ画面を月夜に見せる。


「ん~? なになに――ログイン時にパスワ~ドとともに本人確認のために聞かれる『セキュリティ・クエスチョン』にはほぼ効果がない? なにこれ?」

 月夜が意味がわからず小首を傾げる。


「アカウントハックのヨボ~のためにホンニンしかわかんないシツモンをニュ~リョクしてからログインするセキュリティシステムのコトだよ」


「へぇ~。そんなんあるんだ……で、それがほとんど効果ないの?」


「そ~みたい」


「ふ~ん……確かに『答えやすくて覚えやすいアンサ~』は推測されやすく、『答えにくいアンサ~』は覚えにくいのが原因って書いてあるね」


「う~ん……イブキさんこたえは『月夜』にしてるからパスワ~ドをスイソクされないとおもうんだケドね~」


「ウチの名前にしてんのか、なに質問は『友達の名前は?』とかにしてんの?」


「ううん。シツモンは『ゴリラのなまえ』だよ」


「よし! ちょっと話し合おうか」

 イブキに対して笑顔でそう言う月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます