うまず。

 いつものバス停にて――


「月夜月夜――!」

 イブキがグルメ系ニュ~スを読んでいると、なにかを見つけ、月夜に話しを振る。


「な、なに!? どったの!?」

 月夜が日本一のオムライスといった記事に夢中にまっているトコへ話しを振られ驚く。


「これみてよぉ~。月夜のダイコ~ブツなウナギがナマズになっちゃうんだって」


「………………はぁ?」

 月夜は意味がわからずキョトンとしていると、


「だ・か・ら! ウナドンがナマズになちゃっていわれなかやわかんないぐらいなんだって!!」

 必至にそう訴えかけるイブキだがなにがなんだかわからない。


「ちょっと、それ貸して」

 そういって月夜はイブキのスマホを取ると、自分で記事の内容を確認しはじめる。


「あぁ~なるほど。ウナギの漁獲量が減ったから、ナマズを代替にしようっていう事ね」

 そこにはナマズのエサを工夫すれば、味も匂いもウナギとほぼ代わらなくなると書かれていた。


「ふ~ん……あのヒゲが特徴のナマズがね~。悪食でなんでも食べるから、養殖には困らなさそう」


「月夜といっしょだネ」


「ウチ、ナマズと一緒なのっ!?」

 イブキの言葉に若干、傷ついた月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます