月夜にき〜てみた にぃ。

 いつものバス停にて――


「ねぇ――」

イブキが自分の食べていたイチゴ大福と月夜の食べていた饅頭を見比べて口を開く。


「ん〜?」

月夜が餡子が口周りに付いていないか注意しながら食べていたヨモギ饅頭からイブキへと視線を移す。


「ダイフクとマンジュ〜っなにがちがうの?」


「へ? ぜんぜん違うじゃない」

月夜さもと〜ぜんといった感じで先を続ける。


「饅頭は生地でつつんで蒸すから、大福はそもそも餅だし! ぜんぜん違う!」


「そ、そうなんだ……」

月夜のさも当たり前といった感じに戸惑うイブキ。


「それじゃ、ソ〜メンとヒヤムギはど〜ちがうの?」


「麺の太さでしょ。そんなの誰でも知ってるでしょ」

これまた、さもと〜ぜんとばかりに、


「じゃ――月夜とゴリラのちがい」


「それこそ全然違うっ!!」

 と、全力で叫ぶ月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます