みそこ~か。

 いつものバス停にて――


「ねぇねえ――」

 月夜がスマホ片手にイブキに話しかける。


「ん~?」

 イブキは読んでいた『ハイテク製品!? 運命の人と出会うとフォックが外れるブラ』という記事から目を離す。


「最近、なに食べた?」


「さいきん? う~ん……はるヤサイのきせつだし~タケノコとかキャベツをつかったのがおおいかな~」

 イブキが少し考えながら答える。


「あら、美味しそう」


「キャベツつかったパスタやロ~ルキャベツなんかとか、タケノコごはんとか……あっ! イチゴなんかもおいし~よね」


「ふふん。イブキ――」

 月夜がスマホを左右にフリフリしながら、


「味噌汁がバストアップに効果があるらしよ」


「ホントっ!?」

 ビックリするぐらいの勢いで喰いつくイブキ。


「かして! そのスマホかして!!」


 そこ日から一週間、イブキは味噌汁ばっかり飲む様になったイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます