さるべ〜じ。

 いつものバス停にて――


「きの〜さ――」

イブキが若干落ち込みぎみに話しだす。


「きの〜さ――ゴハンつくりながら、ほんよんでたんだけど……」


「ヘェ〜。片手間にそんな事やってんだ」


「うん〜。でさ〜おゆわかしてるときにテがすべちゃって……」


「あちゃ〜! 鍋のなかにボッチャン?」


「そそ。まだヌルマゆて〜どだったからひろいあげたんだけど……」


「そ〜いう時はネ。ジップロックにいれて冷凍庫にいれておくといいよ」


「そうなんだっ⁉︎」


「うん」


「わかった。かえったらやってみる――あっ! でも、おおきめのタブレットだからはいるかな〜?」


「ウチが言ってるのは紙の本が濡れた場合ね」

結局、タブレットは完全に死んでました。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます