しんろ。

 いつものバス停にて――


「イブキさんここにシンガクするっ!」

月夜が2月22日はオデンの日かぁ〜、味の染みたコンニャク、大根、玉子食べたいな〜と想像してると、イブキがそんな事を言い出した。


「進学? イブキって卒業したあとはゲ〜ム実況配信して世間と薄く関わりながら、ヌル〜と生きてくんじゃないの?」


「うん。のちのちはそんなかんじだけど……にほんにプロゲ〜マ〜をヨ〜セイするガッコができたんだから、これはモンたたいとかなきゃ!」


「ふ〜ん……自分の将来設計を考えるのはいいことじゃない」


「でしょ、でしょ!」


「まあ、イブキの場合――ちゃんと卒業できるかのほ〜があやしいけど」


「ぎゃふん!」

ぐう正(ぐうの音もでないほどの正論)だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます