てりょ〜り。

いつものバス停にて――


「オトコのヒトがつくったリョ〜リがたべたい!」

イブキが突然そんな事を言い出す。

「どーした急に――」

月夜がイブキの言葉にそう返す。

「うんとね……」

そいってイブキ自分のスマホ画面を月夜に見せる。

「一度は食べてみたいと女子が思う男性の手料理? なにこれ?」

「そもまんまだよ! ゴ〜カイでじぶんリュ〜で、ちょっとザツっぽさがあるオトコのリョ〜リ‼︎」

「ウチにはなにがイイのかサッパリわかんない」

「チャ〜ハンとかカレ〜でもいいんだけど、やっぱしそのヒトのオリジナルがいい」

「あぁ。そ〜いうのがいいんだ」

「そう!」

ウンウンと頷くイブキ。

「じゃ、父親作ってもらえばいいじゃん」

「え〜! なんかちがうくない?」

「違うんだっ⁉︎」

結局、理解できない月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます