しんれしぴ。

 いつものバス停にて――


「おト~フにチ~ズか……なかなかよさそうかも」

 イブキがグルメニュ~スにのっていた美味しそうなサムネつきの記事を読みながら、そんな事を呟く。

「なになに? 新作? どんなん? いつ作るの? 今日作ろうか? で、で、今日遊びいっていい? いいよね?」

 イブキの呟きを聞いた途端に月夜が猛烈な喰いつきをみせはじめた。

「ちょ――月夜。ちかい、ちかい。ど~しちゃったの? きゅうに」

 頭突きかと思うほどの勢いで迫ってきた月夜にイブキが抗議の声を上げる。

「だって、だって。その画像の餅チ~ズ? チ~ズ餅? すっごくおいしそ~なんだモン!」

 そういってスマホを持ったイブキの手を握り、自分の顔に近づけニヘラ~と微笑む月夜。

「あぁ~……」

 至福の表情のまま続ける月夜。

「このトロけたチ~ズ……」

 自身の表情もトロけてるのに気付かないまま続ける。

「でも、これ――」

「なぁ~に?」

 至福の表情のままイブキの声に応える。

「オモチとチ~ズさえあれば、レンジで1ぷんカセツするだけだよ」

「ごめんイブキ。急用思い出した。まだ今度、美味い物――じゃなかった。また、今度あそぼ」

「いや……うん。まあ、いいけど……」

「ごめんね~。ど~しても食べたい――じゃなくて、外せない用事だから」

 学校帰りにス~パ~で切り餅3袋ととろけるチ~ズを買っていった月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます