オモチ。

 いつものバス停にて――


「ふ~……まいにちオモチばっかしで、なんかガツンとしたモノたべたいな~」

「そんな事言うなんて珍しいじゃない」

「ず~っとオモチばっかしだったからね~」

「でも、遊びにいった時にだしてくれたやつは割と美味しかったよ」

「う~ん……なにだしたっけ?」

「海苔とトロけるチ~ズの明太子餅」

「あぁ~。オモチとチ~ズとメンタイコとレンジがあれば5ふんくらいでできるやつね」

「そんなに簡単にできんだっ!?」

「ま~ね~。ほかにもニクマキモチや――」

「肉巻き!? 巻いちゃうの!!」

「カレ~ぶっけてモチカレ~」

「カレ~餅じゃダメなの?」

「ダメ! ここはゆずれない。モチカレ~なのっ!!」

「そ、そうなんだ。譲れないんだ」

「あとイブキさんがハマってるのがキムチとノリでオモチをまいたやつうまいよ!」

「そうなの?」

「うん。ちゃんとコクサンキムチでね。イブキさんおなかよわいから……」

「ふ~ん……で、焼肉行っちゃう?」

「へ? ヤキニク? なんで?」

「さっきガツンとした物食べたいっていってなかった?」

「そだっけ? オモチのはなししてたらオモチたべたくなってきちゃった」

「そっか。とりあえずさっき上げた奴、全部作ってね」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます