てぃ〜け〜じ〜

 いつものバス停にて――


「ねぇ――」

スマホでグルメ情報を読んでいた月夜が、ふと何かを思い出したようにイブキへ話しかける。

「ん〜?」

イブキがDSのタッチペンでダンジョンマップを描くゲ〜ムをしながら応じる。

「イブキってさ〜家の料理関係は全部やってんだよね?」

「そ〜だよ」

「献立とかど〜してんの?」

「そ〜いうアプリがあるんだよ」

「へ⁉︎ そ〜なの?」

イブキが携帯ゲ〜ム機から視線を外すと、

「うん。カロリ〜ケ〜サンから、エ〜ヨウバランスまで、かんがえられてるメニュ〜いっしきがつくりかたやザイリョ〜までヒョウジされんだよ」

「へぇ〜。でも、たまにはTKGとか食べたくならない?」

「てぃ〜け〜じ〜?」

「TKGたまごかけごはんの事。単純に玉子と御飯を混ざるだけなのにおいしやつ」

「そうなんだ~」

「納豆いれたり、国産キムチいれたりしてもおいしんだよ」

「でもさぁ~」

「ん?」

「けっきょく、フツ~にごはんとタマゴだけにもどるよね?」

「……うん。まあ、そうだね」

 そこは異論がない月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます