やきとり。

 いつものバス停にて――


「辛くないカラム〜チョ、あまム〜チョ販売?」

「ふ〜ん。そんなんでるんだ、イブキさんはセブンがだすド〜ナッツがわりときになるかな〜」

二人がニュ〜スアプリでグルメ系の情報を見ながらお互いに気になるものを言い合っている。

「ぷっ――ねぇねぇ、月夜。これみてよ。ヤキトリあじのケ〜キだって――」

「へぇ〜それは――」


「マズ「美味しそう」」


二人が後半部分でだけハモる。

「えっ⁉︎」

「えぇ〜! ヤキトリだよヤキトリ。どっかのラノベさっかのアダなにもなってる」

「そ、そうなの? 焼き鳥味のケ〜キとか斬新でイイと思うけど」

「そ、そっかな〜?」

イブキが自信なさげも否定的な意思表示をする。

「ほら、思い浮かべてみてよ、イチゴの載ったケ~キ――」

「うんうん――じゅるり」

 イブキがその光景を脳裏にイメ~ジする。

「そこに炭火の煙を漂わせ――」

「……うっ!」

 イブキ青い表情になる。

「そしてテ~ブルにはケ~キの横にテッカテッカのタレのかかった焼き鳥――」

「うん! 合わない!!」

 イブキがそう言って月夜の言葉を遮った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます