クリスマスまであとひと月。

いつものバス停にて――


「クリスマスまでにカレシをゲットするホウホ〜‼︎」

イブキがスマホのネットニュ〜スを閲覧していると、そんなタイトルの記事が目に留まった。

「また、そんな記事読んで」

月夜そんなイブキを呆れた表情で見ながら、

「そんな記事参考にしたって、今まで全く成果なかったじゃん」

「こんかいはセ〜カあるかもしんないじゃん」

と、めげずに応じるイブキ。

「まあ、がんばってね」

と、月夜の投げやりな対応に、

「いいもん。イブキさんがんばるもん。ひとつきごにひとりでさびし〜クリスマスすごしながら、シチメンチョ〜たべてる月夜がソ〜ゾ〜もできないよ〜なホットなクリスマスすごしてやるんだもん!」

イブキもやや意地になりながら呟く。

「あ〜七面鳥美味しそう。今年はいいクリスマスになりそう」

「ぐぬぬぬぬぬ――」

「あ! でも――」

月夜が何かを思い出したように、

「イブキは今年、男性と二人っきりで過ごすんじゃない?」

「ほえ?」

「夏休みの宿題やってないもん担任と二人で――」

「月夜、シチメンチョ〜かってあげるからシュクダイてつだって!」

慌ててそう持ちかけるイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます