おやつ。

 いつものバス停にて――


「もうすぐハロウィンだけどさ――」

「うん?」

 イブキが「毎日の食事に作る美少女への道」という記事を読んでいると月夜が呟くように言う。

「あれで貰えるお菓子ってたいて~市販品だよね? 外国とかでやってるイメ~ジだと手作りってイメ~ジだけど――」(注あくまでイメ~ジです)

「やっぱしメンド~だからじゃない? でもなんで?」

「ウチ、結構手作り物も好きなんだよね。パンの耳を揚げて砂糖つけやつとかさ~」

「あ~。でもアゲモノはね~かたづけメンドイよ」

「そうなんだ~ウチはあんましお菓子とか作らないからしらなかった」

「ホットケ~キとかはすっごくかんたんだけどね」

「そっか~でも、たまには手作り感満載のお菓子が食べたいな~」

「もしかしてつくってほしいの?」

「うん!」

「…………わかったよ。なんかヨ~イしとくネ」

「やった~!!」

「そのかわし――」

 イブキがなにかイタズラを思い付いたような笑みを浮かべ。

「月夜はユキオンナのコスプレ――ちがった。カッコうできてね」

「え~和服メンドイよ~」

「ちゃんと和服のタケもメッサみじかくネ」

「いいけど……ハロウィンの仮装って日本の妖怪でもいいの?」

「さぁ?」

 結局、あまりハロウィンに詳しくない二人だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます