かんでんち。

 いつものバス停にて――


「乾電池がきれてるかどうかを調べる方法ねぇ〜」

月夜がそんな記事を読んでいた。

「そんなコトわかるホ〜ホ〜あんの⁉︎」

「みたいよ」

イブキの疑惑の視線に月夜は自身のスマホ画面を見せる。

「わかった! バッテリーテスターとかつかうんでしょ?」

「ううん。もっと簡単に手軽」

「てがるに――⁉︎ う〜ん……」

「正解は――少し高いとこから落とす」

「へ⁉︎ そんなコトでわかんの?」

「うん。持ち上げてテーブルの上とかに落としてみて跳ねなかったら満タン乾電池、跳ねたらお疲れ乾電池なんだってさ〜」

「へぇ〜」

「これはね満タン乾電池に内部はゲル――」

「あぁ、ストップ、ストップ。むつかしいコトはよくわかんないからいいや」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます