いまじんぶれいか~

 いつものバス停にて――


「ねぇねぇ月夜」

「ん~?」

 イブキがスマホ画面を見ながら月夜に話しかけてくる。

「男子がさ~女子なったらやりたいコトってニュ~スがあるんだけど」

「ふむふむ」

「『温泉の女湯にはいる』とか」

「あ~定番だね~」

「ほかにも『女性専用車両に乗る』とか」

「乗ってどうすんだろうね。別にただの電車なのに」

 月夜が次々と男性の幻想をブチ壊していく!

「あとは『レディ~スサ~ビスを利用しまくる』とか」

「なるほど。それいいかもネ。ウチもわりと利用するし女性だけ半額とか生脚綺麗な人半額とか――」

「いまさりげにジマンいれたね月夜。まっ! いいけどさ~……ほかにはカワイイカッコ~やオシャレしたいとか~う~ん……おとこのヒトもフツ~にオシャレしればいいのに……」

「そうだね。体格さえなんとかできれば化粧で誤魔化せるしね」

「あとは『男性を誘惑したい』とか『色男を誘惑してこわしめたい』とかいうイケンもあるね」

「ふ~ん……でもさ、さっきから聞いてると後半は女性になりたいってコトじゃなくて――」


「美人になりたいコトだよね?」


「あっ! そ、そうかも……」

「はぁ~……美人になるのも努力、美人を維持するのも努力なのにね……」

 本日は徹底して幻想壊しの月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます