まね〜

 いつものバス停にて――


「う〜ん……RMTでネンシュ〜1300マンかぁ〜」

今日も今日とて茹だる様な炎天下の中でイブキがゲーム関連の記事を読んでいたm。

「あ〜るえむてぃ〜?」

聞き慣れない単語に月夜が反応する。

「リアルマネ〜トレ〜ドコトだよ」

「りあるまね〜?」

「んとね……ゲーム内のお金を円とかドル、ユ〜ロにかえるコトだよ」

「へ〜」

「んで、ゲームでもうけたおかねをおかねにかえてネンシュ〜1300マンもうけたひとが話題になってて」

「イブキはそ〜いう事やんないの? そこまでいかなくても割と稼ぐみたいな」

「う〜ん……もうけのためにおいしいモンスターをひとりじめしたり、高額のレアアイテムを独占したりゲ〜ムとしてメ〜ワクになるコトがおおいからね〜イチゲ〜ム好きとしては……」

「ふ〜ん」

「なによりおと〜さんたちがそんなコトゆるしてくれないだろ~し」

「ふ~ん」

「うわ! さっきからキョ~ミなさそうなヘンジばっかし!!」

「うん。実は割とど~でもいい」

「はいはい。じゃ~これでこのはなしおしまいネ」

 ややブ~たれながら話しを止めるイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます