食べる女子。

いつものバス停にて――


「月夜、月夜。こてみてみて〜」

夏まっさかりのセミ声に負けじと声張り上げるイブキ。

「一体ど〜した?」

イブキの様子に嫌な予感がしつつも応じる月夜。

「これこれ月夜にロウホ〜だよ」

イブキが掲げるスマホ画面には『少食女子vsたくさん食べる女子』という見出しが目についた。

「あ〜またこ〜ゆ〜記事でウチをdisるんだ?」

「ん? ちがうよ〜よくみてよ〜」

そう言われよくよく見てみると、男性にアンケート調査をした結果などが載っていた。

それによると――少食が3割たくさん食べる女子が7割の支持といった結果になっていた。

「こ、これは――⁉︎ ウチの時代がやってきたって事かっ‼︎」

握りこんだ拳を炎天下の太陽に向かって突き出す。

「しかも――月夜みたいに大食いでタイケ〜かわんないのをかなりイイみたいだよ」

「え!」

「え!」


「ウチ……その……」

月夜はモジモジしながら、

「……その……体型……かわちゃってる……よ」

「え〜! い〜がい‼︎ ぜんぜんわっかんないよ〜」

「だって……み、みえない……とこ……だもん……ムネ――」

「イブキさんdisになるからそれイジョ〜いうのはやめようか!」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます