どけるばん。

 いつものバス停にて――


「あ~……」

 疲れた声を上げながら月夜は肩を押さえ腕をグリングリンと回す。

「月夜おっさんくさいよ~」

「ん~なんか……首と肩が……なんか親指もイタいし……」

「あ~それはドケルバン病かもしんないね」

「ふえ? ドケル? なに?」

「ドケルバン病だよ」

「だからなにそれ?」

「ん~とね。ケンショ~エンの一種だって、スマホのイジりすぎで親指だけがケンショ~エンになる症状なんだって」

「へ~。でも――」

「ん?」

「名前がすっごく強そうだね。ドケルバン」

「ん~そうだね~」


 スマホに着信来たと思ってあわててポケットから取り出してみても着信もメールほなし。この症状も『ファントム・バイブ・シンドローム』とかいうそうです。

 なんかカッコイイですね。

 もし、歩いてる人が急に蹲って「くっ……ファントム・バイブ・シンドロームか……」とか言ってる人がいたら、たぶん私です。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます