じろ~

 いつものバス停にて――


「あ~……」

 月夜がおなかを押さえながら妙な声を出す。

「なに? ど~したの?」

「う~……大丈夫……」

 いいながらもツラそうにおなかを押さえる月夜。

「ホントにダイジョブ? ムリしないほうがいいよ」

「だ、大丈――」

 後半を『ぐ~』というお腹の鳴る音が掻き消す。

「…………え!」

「あ~次郎ラーメン食べたい…………ジュルリ」

「なに? ただおなか減ってただけなの?――つ~かジロ~ラーメンなんて女子が食べるモンじゃないよ」

「えっ!?」

「だって、ものすっごい山盛りだよ! ドンブリからハミだしてるし、ラ~メンなのに麺がでてくるまえにお腹いっぱいになっちゃうよ!!」

「た、確かに……い、いつも周りには男性しかいないけどさ……」

「でしょ~」

「い、いや…………でもさ……ウ…………ウチは結構食べられちゃうよ」

「そりゃ~月夜だもん!」

「えっ! ウチは女の子のカテゴリーに――」

「はいってるワケないじゃん!! 見た目は女の子、胃袋は宇宙、力はゴリラ、魂は納豆ってい~うのが月夜でしょ?」

「うぅ……違うと言いたいけど、微妙に言い切れない」

 頭を抱える月夜のお腹が『ぐ~』と可愛らしい音を鳴らした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます