たいふう〜

いつものバス停にて――


「タイヘンだよ!」

超大型の台風が接近し、空が暗く風が強い朝、強風に負けない声量でイブキが話しかけてくる。

「こんな日になんでそんな元気いいの?」

強風に煽られ髪を手で押さえながら返答する月夜。

「だってタイフーだよ! テンションあがちゃうよ! ごぉぉぉぉぉぉぉ――っていう風の唸りをきくだけでwktk」

「おまえは小学生かぁ!」

「んふふふふふふ――イブキさんいつまででも少年の心を忘れないのだ!」

「なにがぁ⁉︎ アンタが少年だったときは一瞬足りともなかったハズだけど」

「さぁ――風よ吹き荒れろ!」

休校日のイブキはいつもよりテンション高めだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます