てすと。

 いつものバス停にて――


「あ~……テスト……テスト……ダルい……ダルい……ねむい……かえりたい……」

 盛大なタメ息の後に呪詛のように不満を吐き出すイブキ。

「そんな事でグダグダしてる暇があったら勉強すればいいのに」

 単語帳を見ながら月夜が律儀に反応する。

「え~! ヤダよ~。ベンキョ~ダルいもん」

「親なんも言わないの? 成績良かったらご褒美にゲーム買ってあげるって言われたらアンタでもがんばるじゃない?」

「う~ん……そういうのはないな~」

「へ~そうなんだ?」

「うん。おと~さんがオフゲー大好きでおか~さんがオンゲ~大好きだからタイテ~のハードは家にあるし、パソコンもおか~さんのお下がり組み込めばすっごく高セイノ~なやつできるからね。DDR4のメモリ転がってる家なんてイブキさん家ぐらいじゃないかな~(2014年7月現在)」

「ゲーム家族だね~。でもゲームばっかありしてると赤点とるぞ」

「そこなんだよっ! むかしあった『ゲームばっかしするとキレやすくなる』とかいうトンデモ論のせいでサベツされてばっかし! イブキさんだったら学生に1日20時間イジョ~クソゲープレイを義務化させるのに――忍耐も挫折も――そして、そこからのタッセ~感もえられる! しかも犯罪率も下がる」

「なんで?」

「だって――1日20時間クソゲプレイして4時間睡眠で犯罪おこしようがないもん」

「いや……そんな生産性の人ばっかしになったら日本滅ぶから!」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます