そうしょくけ〜

 いつものバス停にて――


「ねぇねぇ」

「ん?」

「月夜はさ、もし宝クジで三億円当たったら友達に話す?」

「ん~……」

 少し考えた後に、

「自分でわざわざ言いふらしたりしないと思うけど、聞かれたら正直に答えるかな~」

「え~。イブキさんには教えてくれないの~?」

「なんでアンタに教えなきゃいけないのよ」

「そこは、ホラ――親友?」

「そこで疑問形になるやつには言わなくてもいいと思うけど……」

「まあ、月夜の様子がおかしかったらすぐ気付くけどね~」

「へ、へぇ~。じゃウチに彼氏できてもすぐわかんの?」

「そんなのソッコ~でわかるよ。二秒だよ! 二秒でわかるよ」

「わんないよ! ウチはそんなに単純でわかりやすくないモン!」

「わかるよ。まず常にソワソワしてんのに機嫌良さそうにウキウキして、ときどきスマホを気にしながら、なんか想像して楽しそうにしてると思うよう、基本乙女だし」

「う〜……なんかわかんないけど、だいたい合ってる気がする……」

「でしょ〜」

「い、イブキは彼氏できたらどんなんなるんだろ?」

「さぁ〜そもそも彼氏できる気がしな〜い」

見事な草食系女子であった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます