ねごと。

 いつものバス停にて――


「へ~。イブキ、イブキ」

「ん~?」

「見て、見て。自分の寝言を録音できるアプリだって」

「おぉ! なかなかおもしろそう」

「じゃ、一緒にインストールして今夜の録音して寝て明日聞くってのがどう?」

「いいね」


 そして、いつものバス停にて――


「おはよ~月夜」

「あ! イブキおは~」

「ちゃんと録音した?」

「したした~」

「じゃ、イブキからさきに――」

「あい」

 そういうとスマホのミュージックをタッチして、その中にある音声ファイルを再生する。

『……う~ん……が……」

「お~意外と良さげな音質」

「ホント。ハッキリと聞き取れるね」

『ガンダムは大きくて重いから何回かに分けて運ばないと……』

「「ファ!?」」

 予想外のセリフに二人が驚く。

「なんでそんなん運んでんの? 一体どんな夢みてんの⁉︎」

「なんでだろ〜?」

「イブキは言ったんじゃん!」

「そんなコト言われたってわっかんないよ〜もう月夜のはど〜なのさ」

「ウチ?」

「月夜のも聞かせてよ〜」

「ウチのはたぶん何にもはいってんしと思うけど……」

そう言いながらスマホの音楽ファイルを再生させる。

『……』

「ほらほらウチはなんにも言ってない」

『……うれしい……』

「ぬ!」

『ウチもーーウチもずっとーーずっとーー』

「おぉ⁉︎ こ、これは本邦初コ〜カイ月夜の想い人」

途中で止められないようにスマホを奪うイブキ。

『ずっとーーずっと好きでした』

























『鬼小島弥太郎くん』

「「いや誰???????」」


結局、誰かわかりませんでした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます