ゆるきゃら~

 いつものバス停にて――


「月夜~見て見て」

 そう言いながらイブキがスマホの画面を月夜に見せる。

「わっ! なにこれ!?」

「カワイイでしょ!」

 差し出されたスマホ画面には餃子がモチーフのかわいい顔にガチムキな肉体をした奇妙なキャラクターが映っていた。

「顔はゆるキャラなのになにこの立派な肉体!」

「でしょ、でしょ。カワイイのにカッコいいとかサイキョ~だよ コイツ!」

 そう言ってハシャぐイブキを月夜はジ~と見詰め。

「イブキさ~」

「ん~?」

「もしかしてアンタってマッチョ好き?」

「うん~……どうだろ? わっかんないや~でも、たくましい腕にぶら下がってみたいとは思うよう」

「ふ〜ん」

「しかも顔がギョーザで食べられるんだよ!」

「ビジュアル的にあんまし食べたくないよ〜な……」

「なんで、なんで!? ギョーザ協会コーニンキャラなんだよ!!」

「いや……これ見て食べたくなるアンタが異常なんだよ……」

 月夜はゲッソリとしたまま餃子協会公認キャラを見たまま呟いた。


 餃子協会公認キャラ 「ちゃおず君」で検索すれば出てきます。

 飲み物は必ず飲み込んでから見てください。高確率で吹きます! 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます