ふらぐ~

ここはいつものバス停――ではなく、その少し手前にある路地。


「途中で月夜と一緒になるなんて珍しいよね~」

「まあ、アンタが遅いのが理由でウチは普通の時間に来てるけどね」

「いや~少し遅めに出てパン咥えながら遅刻、遅刻って感じで行かないとフラグ立たないじゃん?」

「いやいや、それで男子とぶつかったらからって付き合えるワケじゃないから! だいたいタイプの人じゃなかったらどうすんのよ?」

「そこはホラ――ロボットのパイロットみたいに「視える!」とかいって躱すからヘ~キ」

「んな事できるかっ!――って、イブキのタイプの男子ってどんなヤツ?」

「う~んとね……リオレウスを指一本で倒せる人とかブルーアイズを頭突きで倒せる人かな~。あ~あと『鬼帝』をノーミスクリアできるのが必須! 欲をいえば『嵐』を72時間プレイできる人がいいな~」

「よくわかんないけど……そんな人いないと思うよ……」

 月夜が呆れ顔で呟いた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます