第百五十三章 極竜化

 私達は透明化したまま、ケオス=マキナと戦う竜王母に近付いていく。事前に聖哉が指示したポイントまで辿り着くと、安全な位置で息を殺して戦況を見守った。


 竜王母がかざした杖により魔法陣が展開――発せられる光球がケオス=マキナに向かう。光属性の技や魔法は悪魔にはより効果的。喰らえば致命傷となるであろう光球をケオス=マキナが大剣で払いのける。しかし次々と発射される光球の一つが片足にヒットした。「くうっ」と唸り、ケオス=マキナが片膝を付く。


 聖哉が不意にロザリーに語りかける。


「ロザリーはいるか?」

「は、はい! こちらに!」


 透明なまま、二人は何やらゴソゴソやっている。やがて聖哉はハッキリとこう呟いた。


「竜王母の喉を掻き切ってこい」


 私はビックリしてしまう! ま、また暗殺!? 前もロザリーを行かせて、失敗したってのに!!


「現在、戦闘中で互いに注意が相手に向かっている。第三者――しかも背後から迫る透明の者に気付くことは至難の筈」

「勇者様……この剣は?」


 どうやらロザリーは先程聖哉に剣を渡されたようだ。現状、皆透明なのでロザリーにも私にもそれが何なのか分からない。


ドラゴンキラー竜殺しの剣だ。悪魔の腕を発現した後、ナトススから得た闇のオーラをこれに付与しろ」

「ドラゴンキラー……! 勇者様、一体いつの間にそのような武器を?」

「冥界にいる時、作っておいた。プラチナソードを媒体にして、マッシュの髪の毛を三本、リスタの髪の毛三百本を加えて作成したのだ」 


 ――マッシュの髪の毛!! ナカシ村で会った時に手に入れてたんだ!? 相変わらず抜け目ないわね!!


 ……と感心していたのだが、いやちょっと待って!! 三百本!? どんだけゴッソリ抜いてくれちゃってんの!?


 ハゲてないか頭をさすった後、文句を言ってやろうとしたが、聖哉は真剣極まりない声でロザリーに指示をしている。


「ロザリー。お前はマッシュ殺害に一度失敗している。二度目はないぞ?」

「は、はい!」

「今回は前回に比べ、成功率は跳ね上がっている。イグザシオンにより透明化を解除させられることもないのだからな。それに致命傷でなくとも構わん。多少のダメージを与えられればトドメは俺が刺す」

「必ずや成功させます!」


 前回、聖哉のせいでロザリーは片腕を失った。それでも文句一つ言わず、覚悟に満ちた返事を聖哉に返したのだった。





 ……現在、透明になったロザリーがドラゴンキラーを持って竜王母に忍び寄っている筈である。その竜王母の前でケオス=マキナはふらつきながら肩で息をしていた。見た目にも力の差は歴然。竜王母は竜人の兵士を遠巻きに待機させたまま、チロリと長い舌を出す。


「人魔協定は破棄され、お主ら悪魔は町から追い払われた。……ククク。どうやら人間の方が悪魔より狡猾だったようじゃの」

「イレギュラーの出現があったのよー。それがなけりゃあ私達が完全に優位だったわー」

「イレギュラー? 何の話じゃ?」

「ふふっ、さぁねー。けれどアンタもきっとソイツに殺されるわ」

「訳の分からぬことを」


 竜王母はケオス=マキナを蹴り上げる。ドッと鈍い音がしてケオス=マキナの体がくの字に折れる。


「イグルの結界はどうすれば解除出来る? 教えれば楽に死なせてやるぞ」

「け、結界は内部にいる人間にしか操作出来ない。アンタらがどう足掻いたって町には入れないわ……」


 血を吐きながらもケオス=マキナはにやりと笑う。「ふう」と竜王母が短い息を吐いた。


「まぁ良い。イレイザに続いてケオス=マキナ……元魔王軍直属四天王を屠れば神竜王もお喜びになるじゃろう」

「あまり……舐めないことね」


 竜王母の隙を突いて、ケオス=マキナが大剣を自らの腹部に向ける。その光景は私の目にデジャヴのように映った。

 

 元のゲアブランデで聖哉との戦闘の際、ケオス=マキナは自らの腹部から本体であるグレーターデーモンを発現した。聖哉の前に敗れはしたが、この世界のケオス=マキナの戦闘力はあの時とは比べものにならない。つまりグレーターデーモンの戦闘力もまた異常に高いということである。


 ――そうなればケオス=マキナにも勝機はあるわ!


 しかし。甲高い音がしてケオス=マキナの大剣は弾き飛ばされる! 驚愕の表情のケオス=マキナ! そして杖を振り払った体勢で竜王母が楽しそうに笑う!


「封印の類じゃろう? お主の腹から強力な邪気が溢れておる。妾が気付いておらぬと思うたか」

「くっ!」


 普段、飄々としているケオス=マキナの顔が引き攣っていた。


「死ね!」


 光の力を宿した杖が振り下ろされる――だがそれがケオス=マキナの頭部に到達することはなかった。竜王母は驚いた顔で叫ぶ。


「な、何じゃ貴様は!?」


 ――えっ……!?


 私も竜王母同様に自分の目を疑う。突如として現れたロザリーが、ケオス=マキナの前に立ち塞がり、ドラゴンキラーで竜王母の杖を止めていた!


「ろ、ロザリー!? どうして!!」


 思わず叫んでしまう。隣で聖哉が舌打ちするのが聞こえた。


「バカな。アイツは一体何をしている?」


 聖哉は心底、不可解といった口振りだった。だが、竜王母の杖をドラゴンキラーで払いのけるロザリーを見て、ふとセルセウスが気付いたように呟く。


「もしかして……ケオス=マキナが殺されそうになったからじゃないか?」

「だから透明化を解いて助けたっての!? それってつまり……」


 ――ロザリー……!! アナタまだケオス=マキナのことを仲間だと思ってるの!?


「本当に意味が分からん。悪魔が人間に協力していたのは演技だったと、既にロザリーも知っている筈だ」


 そしてロザリーは今、窮地に陥っていた。標的がケオス=マキナから自分に移ったからだ。後退しつつ、竜王母の振るう棍棒のような杖をドラゴンキラーでどうにか捌いている。


「姫……?」


 驚いていたのは私達だけではない。きょとんとした顔でケオス=マキナはロザリーを眺めていた。ケオス=マキナの言葉に竜王母が気付き、舌なめずりする。


「そうか……貴様は戦帝の娘じゃな!」


 距離を取ってドラゴンキラーを構えるロザリーに、ケオス=マキナも立ち上がり体勢を整える。


「二人になったところで妾に勝てるとでも? 神竜王への手土産が増えたわ! まとめて殺してくれる!」


 途端、竜王母の体が着ているドレスを引き裂き、一気に膨張! トカゲ人間の姿から、即座に圧倒的なオーラを放つ黄土色の巨大なドラゴンへと変化する!


「せ、聖哉! このままじゃロザリーが! 私達も透明化を解いて助けに行こう!」

「知るか。自業自得だ」

「そんなこと言わないで! ほら、あの闇の手とか出してよ! お願いだから! ねっ!」


 しかし、そうこうしているうちにロザリーに向けてドラゴンが大きな口を開く。


ホーリー・ブレス神聖竜息!」


 排出されたのは、かつてのような炎ではなく目の眩む光線。悪魔にとって最も効果的な光の技だが、たとえ悪魔でなくとも強烈な光線を至近距離で喰らえば大ダメージだ。


「ロザリー!」


 私は叫ぶ。だが光線がロザリーに到達するより早くケオス=マキナが躍り出る。竜王母に大剣を弾き飛ばされていたケオス=マキナは、ロザリーの前でただ両手を広げた。放電するような激しい音が辺りに響く。ケオス=マキナは体を焼き焦がせて、前のめりにがくりと倒れた。


 そんな光景を見て私は絶句する。そしてそれはロザリーも同じだった。


「何故だ!? どうしてお前が私をかばう!?」


 ロザリーがケオス=マキナを抱きかかえる。致命傷を受けながらも、ケオス=マキナはいつものように笑っていた。


「癖って……面白いわねー。十年間、姫を助ける振りをしてたら……ふふふ……ホントに助けなくちゃって思っちゃった……」


 ドラゴンと化した竜王母は二人に向けて口腔を開き、新たにホーリー・ブレスを放とうとしている。


「聖哉!! 早く!!」


 私は大声で聖哉に叫ぶ。途端、竜王母が低く唸った。


「むうっ!?」


 見れば、地から生えた無数の黒い腕が竜王母の脚に絡み付いている!


「あ、ありがとね、聖哉!」


 透明なので聖哉がどんな表情なのかは分からない。もちろん渋々かも知れない。それでも数十、数百と、地を埋め尽くす程の黒い腕が竜王母の周りに発現。竜王母は完全に動きを封じられた。


 私は視線をロザリー達に戻す。ロザリーに抱えられて、ケオス=マキナが訥々と言葉を発していた。


「アナタが悪魔で……いいえ、私がアナタと同じ人間で……そうしたら本当に仲間になれていたのかも知れないわね……」

「ケオス=マキナ……!」


 優しげに微笑んだ後、ケオス=マキナはがくりと頭を垂れた。


 ――し、死んだ……! 悪魔が本当に人を助けるなんて……!


 私の隣でセルセウスの呟きが聞こえる。


「十年間……悪魔にとっちゃあ短いって言ってたけど……それでも一緒に暮らすうちに優しい心が芽生えたんじゃないかな」

「ええ。不思議なことだけど、きっと……」


 戦いの最中だというのに、私とセルセウスは感傷的になっていた。すると突然、聖哉が透明化を解除して姿を現す。聖哉が解除したのに合わせて私達も透明化を解いた。聖哉は苦虫を噛み潰したような顔だった。ひょっとしたら聖哉も心を動かされたんじゃないかと思ったのだが、


「アイツらは一体さっきから何をやっているのだ? 全く持って意味が分からん」

「!! アンタさっきからそればっか言ってっけど!? 聖哉は人間なのに、どうして悪魔よりも情がないの!?」


 ロボットのような勇者は、闇の手を振り解くのに必死の竜王母を視認した後、ロザリーに手招きした。息絶えたケオス=マキナの手を取り、複雑な表情をしていたロザリーはハッと気付いたように聖哉に駆け寄ると頭を下げた。


「も、申し訳ありません!! またしても暗殺に失敗し、」

「構わん。もう済んだことだ」


 あ、アレ? 聖哉ってば、さっきはかなり怒ってたと思ったのに?


 聖哉のことだから、すぐに気持ちを切り替えたのかも知れない。とにかく怒るどころか、聖哉は少し優しげな面持ちでロザリーと息が触れ合う距離まで近付いていた。


「ゆ、勇者様?」


 あまりの至近距離にロザリーが唖然としている。聖哉はそんなロザリーのアゴに手を当てると、自分の顔を更に近付けた。そして……聖哉は自分の唇をロザリーの唇とを重ね合わし……って、うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおい!?


「!! いやアンタの方が全く持って意味不明なんですけどおおおおおおおおおおお!?」


 突然のキスシーンに私は絶叫する!


「ふ、ふえっ!? ゆ、ゆ、ゆ、勇者様……!?」


 ロザリーも顔を真っ赤にして、何が何やら訳が分からない様子だった。ロザリーに聖哉が優しく語りかける。


「無事で良かったな」

「あ、ありが……とう……ございます……?」

「ケオス=マキナが死んで動揺しているのだろう? だが気持ちを切り替えろ。今は戦いに集中するのだ」

「は、はい!」

「これから魔法でお前の後方支援をする」


 聖哉は親しげに肩を叩いた。


「さぁ、頼んだぞ。ロザリー」

「かしこまりました!」


 目を輝かせ、ロザリーはドラゴンキラーを握りしめる。どうやら本当に気持ちを切り替えられたようだ。


 ――じゃあ今のキスってやっぱり、ロザリーの気持ちを戦いに向ける為の……? で、でも聖哉があんなことするなんて……!


 目の前で見たキスシーンが信じられなくて、私の気持ちは激しく動揺している。けれどそうも言っていられない。遂に竜王母がホーリー・ブレスを縦横無尽に吐いて、闇の腕を一掃したのだ。透明化を解除した私達に視線を向けている。


「お主らがケオス=マキナが言っていたイレギュラーか……」


 そして長い首を伸ばし、辺りをぐるりと窺う。


「妾の部下も全て殺されたようじゃの」


 言われて私も気付く。周りで待機していた部下の竜人達が全て地に伏している! そしてその傍には黒い腕と更には火トカゲが! 


 私達が竜王母とケオス=マキナの戦いに気を取られている間、聖哉は部下達を一掃していたらしい。部下を殺され、それでも竜王母は讃えるように高らかに笑った。


「ククハハハハハ! 分かる! 妾には分かるぞ! 神なる気配と選ばれし者のオーラ! お主らが別次元から来た女神と勇者に相違あるまい!」


 地鳴りと共に、のしのしと巨体が近付いてくる!


「今更この世界に何の用じゃ!」

「あ、アナタ達のしてる間違ったことを正しに来たのよ!」

「ゲアブランデに竜族以外は要らぬ! 我らが繁栄を邪魔するのなら勇者も女神も屠ってくれよう!」


 大きく鎌首を持ち上げるが、聖哉が落ち着いた顔でロザリーを指さす。


「竜王母。お前の相手はコイツだ」


 ロザリーは小さく頷くと、竜王母に突進。同時に聖哉が人差し指を動かすと、またしても竜王母の足下に沢山の黒い腕が現れた。舌打ちする竜王母。踏み潰しても、光線で焼き消しても生えてくる闇の手に苛立っている。巨大なドラゴンとなった竜王母はパワーはあるが鈍重。対して、悪魔の力を手に入れたロザリーは明らかに俊敏さで上回っていた。ロザリーはドラゴンキラーで隙を見て竜王母に斬りかかる。闇の腕に翻弄されている竜王母は避けることも出来ず、表皮を切り裂かれた。


「いかん。これはいかんなあ。それでは、ちと本気を出すとしよう」


 動きを封じられ、ロザリーの攻撃を受けているにも拘わらず、竜王母は余裕の口振りで長い舌を出す。


「『アルティメット・ウォール嘆きの壁』!」


 途端、竜王母の体が金色に輝き、鱗が鋭利な刃物のように尖る! あ、あれは竜王母の奥の手! 魔法も物理攻撃も防ぐ絶対防御だわ!


 厳密に言えば、聖哉は竜王母のアルティメット・ウォールを破ってはいない。二刀流連撃剣でジリジリと追い詰め、竜穴奈落に落とし、からくも勝利した。だが今回、その竜穴奈落はない。


「ど、どうする、聖哉!? そろそろ聖哉自身も戦いに行った方が……!!」

「心配ない。絶対防御と引き替えに竜王母は機動力を失っている」


 私達からかなり離れているが、それでも聖哉の声が耳に入ったらしい。竜王母がこちらを向いた。


「既にアルティメット・ウォールの特性を把握しておるとは。流石は勇者じゃの。なら、もう一段階先の変化を見せてやろう」

「お、おい、噓だろ!! ひょっとして、もっとでかくなるんじゃ!?」


 セルセウスが焦った声で叫ぶ。竜王母は胸元から取り出した聖天使教典を開き、祈りの言葉を紡いだ。


我らに聖天使の加護がありますようにオーラ・エル・ラルラ……!」


 刹那、巨大な竜王母の体が収縮する! ドラゴンから元の姿に戻った……のではない。長い黒髪、鋭い双眸、突起した両胸――何と竜王母は人間の女性の姿になっていた!


「これが聖天使様の御力! 神竜化をも上回る『極竜化』じゃ!」

「きょ、極竜化!? 何よソレ!?」


 腕を横に薙ぐように振るや、波状に広がった光のオーラで闇の腕が一掃されてしまう!


「魔王を倒すことで得た更なる高み! 竜族にとっての最高進化形がこの極竜化じゃ!」


 私とセルセウスはおののくが、聖哉は物珍しそうに変化した竜王母を見詰めていた。


「ということは、マッシュもそれが出来るのだな?」

「当然じゃ。神竜王は竜族一の傑物。現在は魔王など片手で捻れる程、力を増しておる」

「ほう。そうか」


 イグザシオンの力に加え、極竜化! マッシュの底知れぬ能力に私達は言葉を失う! それでも聖哉は平然とロザリーの肩を叩いた。


「臆することはない。いけ、ロザリー」

「はっ!」


 ロザリーが再度突進、竜王母の露出した柔肌に剣を叩き付ける。攻撃を避けようともしない竜王母にクリーンヒット――だが、ドラゴンキラーはまるで金属に向けて斬りかかったように音を立てて弾かれてしまう! 代わって、竜王母はロザリーに細い腕を伸ばした。


「ぐうっ!?」


 軽く触れただけなのにロザリーが吹き飛ばされる。地面を転がった後で、ロザリーはどうにか体勢を整えた。


「ククク! 神竜化のパワーはそのままに、アルティメット・ウォールの防御力! 更に……」


 顔の前にかざした竜王母の片腕が眩い光を宿していた。


「アレって……ホーリー・ブレス!?」

「うむ。アルティメット・ウォールを発動したまま俊敏に動き、しかも腕から光属性の技を放つことも出来るらしい」

「そ、そんなのもう無敵じゃない!!」


 竜王母は勝ち誇った表情で、ロザリーに向けて腕を高く掲げている。


「消し炭になるが良い!」

 

 しかしホーリー・ブレスが放たれる直前、中空より氷の散弾が降り注ぎ、竜王母は体勢を崩す! 気付けば私の隣にいる聖哉から立ち上る冷気! 聖哉は竜王母に対して片腕を向けていた!


「……フェンリル・ショット拡散式雹弾


 いつの間にか属性転換していたらしい。暴走した氷魔法フェンリル・ショットが竜王母の追撃を阻止する。


「安心して攻撃を与え続けろ。俺がカバーする」

「感謝します、勇者様!」


 ロザリーが前衛、そして聖哉が後衛。フェンリル・ショットが、或いは闇の腕が、ロザリーに迫る追撃を阻害していた。しかし聖哉のフォローはあれど、ロザリーの攻撃は甲高い音と共に弾き返され続ける。


「聖哉!! ロザリーの攻撃、全く効いていないみたいだけど!?」

「構わん。竜王母を完璧に倒す計画は既に進行中だ。ロザリーは時間稼ぎをしてくれれば良い」


 私には考えも付かないが、極竜化した竜王母を倒す策があるらしい。


 ――で、でも……。


 計画は進行中と言いながら、聖哉はただロザリーと竜王母の戦いを静観しているようにしか見えなかった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー