第五十四章 違和感

 この場には剣神と軍神、二柱の武芸の神がいた。だが、突如として起こった予測不能の状況に私同様、思考が停止。ただ呆然と佇んでいた。


 狼男の攻撃を喰らう寸前、私は本能的に目をつむった。暗闇に閉ざされた視界の中で、鈍い音がした。同時に激しい衝撃、私は床に倒れる。だが妙だ。衝撃は狙われた首ではなく、肩と背中に、だった。


 おそるおそる目を開くと、聖哉が私に覆い被さっている。そう……聖哉だけが唯一、この状況に反応していた。凶刃が私の首に到達するよりも早く、私を守ってくれたのだ。


「聖哉!!」


 だが聖哉は私にもたれかかったまま、ぐったりとして動かない。


 ――ま、まさか、アイツの爪を私の代わりに受けた!?


 一見したところ出血はない。もっとしっかりと安否を確認したいところだが、頭上から冷淡な声が響く。


「コレがイクスフォリアへ召喚される勇者か?」


 狼男の目が怪しく光り輝いている。標的を私から聖哉に代え、腕を振り上げる狼男の鋭い爪から発するのは漆黒のオーラ。私の本能がその存在を拒絶する。それは戦帝にゴッド・イーター神殺しの剣を向けられた時と同じ感覚。またゲアブランデの魔王城に入った時と同じ感覚。忘れようもない、この感覚は……


 ――チェイン・ディストラクション連鎖魂破壊……!!


「……死ね」


 冷たく低い声と共に狼男の爪が聖哉に向かう!


 ――だ、ダメ……っ!!


 今度は逆に私が身を挺し、聖哉の背中に被さった。私達が狼男に襲われるのを目の当たりにしたセルセウスが、


「ひいっ!!」


 と声を上げて叫ぶのが聞こえた。


 魂が破壊される永劫の死を覚悟する……しかし、金属と金属がぶつかるような音が耳朶を震わせた。


 狼男の爪は、私にも聖哉にも届かなかった。見上げるとアデネラ様が腰の真剣を抜き、剣を盾にして狼男の爪を受け止めている。アデネラ様は目を大きく見開き、狼男を睨み付ける。


「ぞ、賊が……!」


 狼男は剣を払うと、距離を取って自らの爪を舌で舐めた。


「お前も神か。ならば、すなわち我らの敵だ」


 言うや、狼男の両手の爪が長く伸長した。短剣ほどの長さとなった爪を、私と聖哉の前に立ちふさがるアデネラ様に向け、攻撃の構えを取る。


「……スラッシュ・ディスオーダ乱律爪撃


 対してアデネラ様の方からは『ごきり、ごきり』。関節を外すような骨の音が鳴る。


「し、真・連撃剣……!」


 剣先を狼男に向けるアデネラ様に私は叫ぶ。


「アデネラ様! 気を付けて! ソイツの爪はチェイン・ディストラクションを宿している! 致命傷を受ければ私達の魂が破壊されるわ!」


 アデネラ様ではなく、セルセウスが反応する。


「えええええっ!? つまりそれでやられると俺達、死んじゃう訳!? ま、まさかそんなことはないよね!? だって神様は死なないもんね!?」

「だから!! 神でも何でも死んじゃうのよ!!」

「どへええええええっ!! 嘘だろ!? 俺、まだ死にたくない!!」


 見かけ倒しで情けない剣神とは対照的に、軍神アデネラ様は不気味に笑う。


「ひひひひひひ……! い、命のやり取りほど……お、面白いものは、ない……!」


 まるで躊躇なく、肉食動物が獲物の懐に俊敏に飛び込むようにして敵の間合いに突入するや、真・連撃剣を繰り出す! 本家本元の連撃剣は片手ながらも、聖哉の二刀流連撃剣と相違ない速度で幾つもの残像を描く!


 だが……信じられないことに狼男は長く変形した左右の手の爪でそれらをことごとく打ち払っている! ゲアブランデで繰り広げられた聖哉と戦帝の激しい剣戟けんげきのように、両者の攻撃は拮抗し、火花を散らしていた!


 そして……やがて肉を切り裂く鈍い音! 見ると、後ずさったアデネラ様が片手で腹部を押さえている! そしてその指の間からは鮮血が滴り落ちている!


「アデネラ様!?」

「う、嘘だろ!! 軍神の真・連撃剣が打ち負けたぞ!? な、何なんだ、あの怪物は!?」


 アデネラ様は狼男の次の攻撃に注意しつつ、私達に言う。


「し、心配ない……か、か、かすり傷だ……」


 対して、狼男もアデネラ様の一撃を受けたのだろう。頬に付いた傷から僅かに黒い血を滲ませていた。しかし、傍目にも明らかにアデネラ様の方が重傷だ。


 たまらなくなって、私はセルセウスの体を揺する。


「せ、セルセウス! ヴァルキュレ様よ! ヴァルキュレ様を呼んできて!」

「お、おう! わかった!」


 駆け出そうとしたセルセウスだったが、


「そ、その必要はない」


 アデネラ様がぼそりと呟く。


「し、死神の時とは、ち、違う。こ、コイツには、ぶ、物理攻撃が効く。な、なら、も、問題は何もない」


 そしてアデネラ様は、滑舌の悪い声を大きく張り上げる。


「お、お、オーダー……神界特別措置法施行!」


 途端、『バギバギバギ』と! アデネラ様の右腕が音を立てると同時に捻れて曲がり、変形していく!


「うおっ!? う、腕が!! 何だアレ!? 怖いし、キモい!! 怖キモいっ!!」


 セルセウスが、ササッと私の後ろに隠れた。私がセルセウスにジト目を向けている間に、アデネラ様の腕は腕でなくなっていた。アデネラ様の二の腕から先は光を受けて銀色に輝く刀身と化している。

 

 アデネラ様が両の口角を大きく上げた。


「ひひひひひ……! し、神剣……『滑空鶻かっくうはやぶさ』……!』


 私はごくりと生唾を飲み込む。


「み、自らの腕を、剣に変えた……?」


 アデネラ様は猫背のまま、剣になった手をブラブラと揺らしながら、狼男へ無防備に近付いていく。


 そして……ぼそり。


「き、きょく・連撃剣……!」


 途端、狼男に向けて嵐のような残像が走る! ノーモーションからの斬撃に、


「ぐっ……」


 余裕だった狼男の表情が歪む!


 通常の連撃剣は斬り落とし、斬り返し、なぎ払い、刺突等をミックスした高速の剣技である。速度が劇的に増す真・連撃剣もその例外ではない。しかし、極・連撃剣は刺突にのみ特化した剣技だった。そしてオーダーによって変化した右腕の神剣『滑空鶻』は、先端に近付く程、レイピアのように細く尖っており、まさに連撃剣の突きのラッシュに適しているように思えた。


 盾すら無く、無数の刺突を防ぎきるのは、真・連撃剣を凌いだ狼男にも不可能だった。かわし損ねた連撃によって生じた傷跡が体中に刻まれていく。


 たまらず、狼男が体勢を変えようと横っ飛びした瞬間、それを待っていたように、『滑空鶻』がムチのようにしなった! 狼男の右腕にまとわりついた刹那、それを体から切り離す!

 

「ぐおおおおおっ!」


 鮮やかな切断面から黒い血液を垂れ流し、狼男が叫んだ。


「し、刺突以外の斬撃でも、充分な威力を、は、発揮する。それが、し、神剣『滑空鶻』だ」


  ――凄い……! これがアデネラ様の全力……!


 形勢は逆転。片腕を失った狼男はじりじりとアデネラ様から、後ずさる。


「ち……!」


 舌打ちすると、狼男は出てきた門へと向かい、踵を返した。


「あ、アイツ、逃げるぞ!!」


 セルセウスが叫ぶと、狼男は振り向き、ニヤリと笑う。


「まぁ、いい。既に爪痕は残した……」


 ――つ、爪痕? どういう意味よ?


「に、に、逃がすものか……」


 アデネラ様が狼男に向かい、突進する。凄まじい速度で間を詰めながら、左腕にも変化! 耳障りな音を上げつつ、左腕は滑空鶻より長い日本刀のような剣と化す!


「し、神剣……『回帰燕かいきえん』……!」


 そしてアデネラ様は鬼女のように嗤う!


「ひひひひひひひひひひひひひひひひひ! そ、双極そうきょく・連撃剣……!」


 両腕を剣に変え、逃げようとする狼男の背後から跳躍し、飛びかかる! 宙を舞い、迫る軍神に、狼男の顔が引きつった!


「し、し、し、し、し、死ね……!」

「ま、待って、アデネラ様!! ソイツからはイクスフォリアの情報を、」


 だが私の言葉は全く届いていない! 左手の長剣で背中を切り裂くや、右手で超高速の刺突を開始する! 


「ひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひ」


 召喚の間におびただしい黒い血液を撒き散らしながら、串刺しにされつつ、切り刻まれる狼男!


 ――『双極・連撃剣』……! オーダーにより自らの両腕を神剣に変化させることで為し得る、誰にも真似出来ないアデネラ様最大の絶技……!


 体から噴出する血液が辺りに飛散。ずいぶんと離れた場所にいたセルセウスの頬にも黒い血糊がべったりと付いた。


「うっわあああああああ!? も、もう嫌だ!! 部屋に戻って暖かいカモミールティーが飲みたい!!」


 セルセウスは哀れに絶叫したが、そんな気持ちも分からなくはない程、直視するのも憚られる一方的で残虐な殺戮だった。僅かものの数秒で狼男は手足のない肉塊と化した。


「ひひ……ひひひひひひひひひ……!」

 

 返り血を浴び、半ば放心状態のまま、私とセルセウスの怯える顔を振り返ったアデネラ様は、


「……あ」


 ふと我に返ったような表情を見せると、自らが屠った狼男の死体を見て、


「や、やっちゃった……」


 気まずそうに呟いた。同時に両手が変形。剣から元の腕に戻っていく。そして、その指で私の膝元を指した。


「えぇと……せ、聖哉は、ぶ、無事か?」

「は、はい……見た感じ傷はないですけど……」


 体の何処も狼男の爪に切り裂かれてはいない。しかし、ならばどうして、

 

『既に爪痕は残した』


 あの時、狼男は気になる台詞を吐いたのか?


 まさか――!


 ぎくりとして私は聖哉を揺さぶる。


「せ、聖哉!! 聖哉、起きて!!」


 だが私の不安は杞憂だった。


「うう……」


 頭に手を当て、唸りつつも、聖哉は上半身を起こした。


「よかった!! 大丈夫!?」

「うむ。平気だ。少し頭が、ぼうっとするが……」

「そ、そう! なら無理しないで! しばらく横になっていて、いいから!」

「いや、それより、あの狼男はどうした?」

「あ……そ、それは、えーと……アデネラ様がやっつけちゃった……」

「……何だと?」


 聖哉は物言わぬ肉塊となった狼男に視線を向けると眉間にシワを寄せた。一方、先程までの狂気が嘘のように去ったアデネラ様は、花瓶を割った小さな女の子のようにしょんぼりと頭を下げていた。アデネラ様も聖哉の性格を知っている。情報も得ずに敵を惨殺してしまい、慎重な勇者に叱責されるのを理解しているようだった。


「ご、ごめん……」


 聖哉は謝るアデネラ様に近寄ると、予想外に優しく語りかけた。


「いや、よくやってくれた。倒さねば、こちらがやられていた。礼を言う」

「せ、聖哉……! す、すき……! すきすぎる……!」


 途端、アデネラ様の目の下にあったクマが消え、少女マンガのように目をキラキラと輝かせた。アデネラ様が乙女モードになったので、また面倒くさいことになると踏んだ私は、


「と、とにかくイシスター様に、このことを報告しましょう!! 最初に遭遇した敵がいきなりチェイン・ディストラクションを持ってるなんて、ただごとじゃないわ!!」


 そう声を張り上げた。セルセウスが無言でコクコクと頷く。


 聖哉はそんなセルセウスをちらりと見ると、


「それはお前に頼んでもいいだろうか? 俺にはやるべきことがある」


 ――ああ……きっと狼男の死体をヘルズ・ファイアで確実に燃やし尽くすのね……。


 いつもの後片付けの儀式が始まるのだと思った。しかし、聖哉は私の腕を取ると、ぐいと引いた。


 えええっ!? な、何!? ま、まさか私のこと、怒ってるんじゃ!? いや、そうに違いないわ!! だって私が門なんか出したから、あの狼男が出てきちゃって、こんなことになった訳だし!! や、ヤバい!! せっかく芽生えた二人の愛情に亀裂があっ!!


 だがそれも杞憂だった。聖哉は私に対しても怒ることはなかった。ただ、強く腕を引いて、私を急かす。


「さぁ、こうしてはおれん。イクスフォリアに出発だ」


 突然の言葉に驚く。


「ええっ!? 後片付けは!? それに修行も、まだ途中だったんじゃ!?」

「もう充分だ」

「ち、ちょっと、聖哉!?」


 私を引きずるようにして、聖哉はイクスフォリアへ通じる門へと向かう。


 セルセウスもアデネラ様も聖哉の性急な行動に目を丸くしていた。


 ――で、でも慎重な聖哉がそう言うなら……それに、レベルだって50を超えてるし、問題はない……のよね?


 門の扉に手を掛け、聖哉は言う。


「とにかく行くぞ。女神様」

「め、女神様!? それって私のこと!?」

「すぐに世界を救わねば。こうしている間にも貴い人命が失われているのだ」


 らしからぬ台詞に違和感を感じつつ、門を潜る勇者の横顔を眺めた。


「せ、聖哉!? ホントに大丈夫なんだよね!? レディ・パーフェクトリーなんだよね!?」

「ああ。無論……」


 勇者は私の方を見ず、ただ前のみを見据え、こう呟く。


ガナビー・オーケー何とかなる

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー