決戦!スサノオV.Sヤマタノオロチ!!―豊葦原中津国の歴史を作った最初の戦い―

作者 七柱雄一

119

47人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

みんなが知っているヤマタノオロチのエピソードですが、非常にライトに描きながら、古典特有の皮肉さも出ています。このシリーズで是非、今訳古事記とか、やって欲しいと思いましたが、まずは作者様の他の連載にも興味が湧きました。

まずはサクッと。
是非に是非に。

★★★ Excellent!!!

教科書などで読むスサノオの話よりも、ずっと理解しやすく現代にアレンジされていて好感が持てます。
最近は色んなゲームにスサノオやクシナダが出てくるので、元はこんな話なんだよ、と伝えるのにすごく良い!
他の神話も期待しております!
イザナギ、イザナミ夫婦の話とかも見たいなあ。

★★★ Excellent!!!

何せ人間臭い。スサノオは神様という自負から傲岸不遜な態度ですが、こんな人、いますよね?まあ、お姉ちゃんの部屋に死んだ牛を投げ込むような暴れん坊は現代にはおられないとは思いますが(笑)

小説としてもよくまとまっていて、とても読みやすい。難しい感じや表現を省き、取っつきやすさを実現。それでいて原作の風味はしっかり残していて面白い。ずるい。私もそんなん書きたい(笑)

日本神話の、そして世界中にある多神教の神話という物の入り口として、読んでみてはいかがだろうか?

★★ Very Good!!

有名な「ヤマタノオロチ」のエピソードを、簡潔かつ分かりやすく描いた短編小説。

個人的にはラストの戦いよりも、そこに至る経緯に読み応えを感じました!(クシナダヒメが特に良い!)
また、戦いの後の具体的なやり取りも読んでみたかったなと思います!

自分の得意分野が明確だと、描かれる作品に良い意味で自信や余裕が感じられ、最後まで安心して読むことができました!

★★★ Excellent!!!

古事記と聞いて身構えてしまう人にこそ、おすすめです。
スサノオノミコトもヤマタノオロチも聞いたことはあるけれど、どんな話かわからない方へ。

わかりやすい表現であっという間に古代にタイムトリップできます。1万字に満たない短編で古事記への入門書、ガイドブックにぴったりですよ。

ゲームの世界もいいけれど、日本古代のファンタジーも捨てたもんじゃありません。

★★ Very Good!!

日本の伝説には疎いですが、それでもヤマタノオロチやスサノオという名は耳にしたことがあり、それらの活劇にはワクワクするものがありました。
現代的な感覚で言えば、正直、偏見や差別的な部分が感じられましたが、
ずっと昔の時代においてはそれこそが現実であったでしょうし、伝説を語る上ではむしろリアリティに繋がり、作品を面白くしていたように感じられ、勉強になりました。
かなり前ですが、漫画が流行っていたこともあり興味本位で『封神演義』を読んでみたことがあって、本作に流れる空気感はそれに近いものがありました。
人の心をつぶさに追いかけるのではなく、出来事や人物、怪物の特異さで見せるなど、伝説を伝説らしく描いているところが似ているのかなと思いました。
そういう方が、客観視できるし、物語がクールに締まってかっこいいなと思いました。
面白く読ませていただきました。

★★ Very Good!!

スサノオのヤマタノオロチ退治。
多くの漫画やゲームでヤマタノオロチやスサノオという名が使われている昨今、この神話を「知らぬ」という者はまず居ないのではないでしょうか?

かくいう私も「女神転生シリーズ」で悪魔や神話に興味をもったのが運の尽きで…まあ、それはともかくとして。

シナリオが読む前から判っている以上、注目すべきはキャラクターと演出です。

この作品のスサノオは、乱暴者の自信家というイメージを崩すことなく、そこに作者のオリジナリティーを加えて見事に昇華させています。

更に特筆すべきはヤマタノオロチ登場シーンとその容姿でしょう。誰もが知っている姿でありながら、「おぉ」と感嘆せずにはいられません。

神話にきちんと敬意をはらいつつも、それに頼る事なく持ち味を魅せることも忘れない。素晴らしい料理法といえるでしょう!

神話やメガテンを愛する方は、是非! おススメです。

★★ Very Good!!

 神話の神々や英雄ってのは、意外と人間くさくて、我が侭で、横暴で、今を生きる英雄なんかと比べると品行方正とは程遠い。

 ともすれば、色に弱く酒に弱く、しかして、自身の生きたいように生きている。

 神話に生きる人々が、神々を自然の象徴としてなぞらえたのも頷ける話で、それはもう人智や倫理、常識など埒外。

 だからこそ、枠に当てはめられた我々、一読者は、その言動、冒険活劇に心を躍らせることが出来るのだ。

 我らが日の本の神話、スサノオもその一人である。
 この活躍絵巻を是非、ご覧あれ。

★★★ Excellent!!!

日本の神に焦点をあて、荒ぶる神を主人公にした伝奇小説です。

いにしえの我が国を舞台に、あまり上品とはいえない主人公、スサノオが活躍します。
粗暴であっても卑でない、これがスサノオの、魅力ですね。

ヤマタノオロチ退治をモチーフに描き出された物語、面白くないはずがありません。

我が国ににもこんな超人(神さまだから当たり前ですが)がいることを、いたことを思い起こしてくれる、カッコいい掌編です。

★★★ Excellent!!!

海外の神話を知っている方は多い。
ゲームや漫画のモチーフにもなることが多く、知名度は高い。
けれど、意外と日本の神話を良く知らないという方がいらっしゃる。
もったいないと常々思っておりました。
日本の神話も海外の神話に負けないくらい面白いのに。
この作品はその良さをわかりやすく教えてくれます。
しかも面白いから入りやすい。
初めて日本の神話に触れた人の、新しい扉を開いてくれるんじゃないかな、と思います。



★★ Very Good!!

神話をベースにしたファンタジーもの。

タイトルからわかるように、この作品は日本神話の有名な話が大本となっています。それ故結末はわかってしまいますが、一方で親しみやすいアレンジがされており、読んでいて楽しかったです。日本神話に詳しくない方であれば、物語を楽しむと同時に神話の勉強にもなるかもしれませんね。

エピソード0とのことですが、単体でも十分楽しめる作品です。オススメです。

★★★ Excellent!!!

 木の柱に固定された娘が、ヤマタノオロチに食べられるというショッキングなシーンから始まる本作。老夫婦の、どうしようもないという無念さにやりきれない気持ちを抱きます。
 そして第二話に登場するスサノオノミコト。
 まるでダークヒーローかのような振る舞いが、めちゃくちゃカッコいいっ(>_<)  そんなスサノオノミコトを手玉に取るような娘、クシナダもいいですね。うん、肝が据わってます。

 ついに始まるスサノオノミコトVSヤマタノオロチ。それは神話の戦い。
 果たして結末は――。

 短いながらも起承転結が機能していて、短編のお手本とも言える本作。正義のヒーローもいいですが、たまにはダークなヒーローもどうでしょうか、皆さんっ。
 

★★ Very Good!!

この小説は漫画が全盛期の時代を彷彿させるような作風でレトロ漫画好きな私は楽しめた。

神話がベースになっている小説は多々あるが、ほとんどが中世ヨーロッパが舞台。
日本の神話を描いてるものは少ない。
その点でもこの小説が希有な存在と言える。

中世ヨーロッパが舞台の小説に飽きてきた方にはぜひオススメしたい。

★★ Very Good!!

知人が日本神話だいすきで、うかつに聞くと「戦中の武勇伝語る爺ちゃん」みたいに止まらなくなってしまう奴なのですが、まぁ奴を虜にする日本神話の魅力は、分かる。

日本神話、わくわくしますね。
クシナダちゃんのビジュアルを想像するのが、個人的に大好きです。

★★★ Excellent!!!

 まだ、物語は序盤で三話ぐらいなんですが、わがまま過ぎる主人公のスサノオが魅力的です。

 なかなかこういう主人公はいないし、ここまで来ると痛快だし、この後、少しは性格が丸くなっていくのでしょうしその辺りが楽しみ、と思っていたら、完結してしまう。

 続編はないのか!という名残惜しい作品です。

 物足りないなと思ったら、個人的にも一般の評価が高い『スクナビコナの冒険』がおすすめです。
https://kakuyomu.jp/works/1177354054881084884