GAGER NOTE-ギャガーノート-

作者 神山イナ

16

7人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

2017/4/17 レビュー

 私は『神山いな』が生み出す世界が大好きだ。
 そう叫び続けてどれほどの年月が流れただろうか……
 いや、カクヨムが始まって一年足らずだから数ヶ月が正しいのかも知れないが、この際、そんな事には目をつむって頂きたい。


 人は彼の作品をアクが強いと言うかも知れない……
 人は彼の作品をクセが強いというかも知れない……
 人は彼のセンスは他人(ひと)を選ぶというかも知れない……

 (あれ、全部同じ意味だな……)

 だが、私は叫ぼう!
 それでも私は『神山いな』が大好きだ!
 この人の作品は全てにおいて何かが溢れ、溢れ、溢れ過ぎて、汁のような謎のモノが溢れ出ているが、その溢れ出た何かは間違いなく猛毒のような中毒性をはらんでいると!

 そんなキングが珍しく真面目な考察をしていると見せかけ、底が深いようでそこはかとなく浅いこの考察ノート……
 読めばきっと気が付くだろう。
 キングの他作品とは若干テイストが違うように見せかけ、その実、キングの根本はあんま変わってないという事に。

 サクッと読めつつ、さらに神山ワールドの片鱗がうかがい知れる今作、読んで頂きたい。

★★ Very Good!!

神山氏は間違いなく、ギャグの申し子である。
そして、本当に面白いギャグが書ける人というのは、実はこの世にあまり多く存在しない。。なぜなら、ギャグは生モノであり、流行や作家のテンションに左右し、あっと言う間に流されていくものだからだ。
ワタクシは、ギャグが大好き♪
だって、ゲハゲハ笑うと、すごく幸せな気持ちになれるから。。
でも、ワタクシにはギャグが書けません、今んとこ。
まずは、自分の私生活に幸福を感じないと。。ムリな気がする;
もし、書きたいような気持になったら、本作を読んで書いてみよ―かな?
貴重なギャガー、神山氏のさらなる快進撃に、心から期待しておりマス☆