トンボ鉛筆がベタ惚れしたようです

作者 かくぞう

★★★ Excellent!!!

ここまで筆記用具に感情移入できるとは!!

最初の登場キャラクターの紹介でいきなり吹いてしまいました。出落ちかな?とも思ったんですが、小説を読み進める内に筆記用具なんかに感情移入できるかよっていう感情はすっかり消えてどんどん引き込まれていきました。結局最後はどうなってしまったのかな?本が苦手なので結構長いから途中で飽きちゃうかな?って思ったけど一気に全部読めてしまうくらい面白かったです。

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!