パラレルワールドの道化役

作者 まさか

42

17人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

なぜもっと評価されないのか。評価とは、星が1つでも3つでも、とにかく世間に触れられて欲しいということだ。


「短編の妙手」と言われる作家は多けれど、著者のlogicalな作品群は書店に並ぶそれらよりも、見劣りしない出来ばかりである。


彼をを埋もれさせてはいけない。スキルとセンスは、すでに一字一句に備わっているではないか。彼が世間に揉まれ、あらゆる人生の経験を済ませたとき、あるいは大長編が生まれてしまったとしたら、それが書店に並ぶ日も容易に想像できる。私は手放しに拍手を送りたくなる。

★★★ Excellent!!!


嵐の別荘に閉じ込められた、訳ありの人々と探偵とその助手。お約束通り殺人事件が発生するが、その結末は……

直球と思わせての変化球に、見事にやられました。意気揚々と名推理を展開する探偵を、ここまでコケにする推理小説も珍しいのではないでしょうか。
作者様のアイディアが光る、名作です。

★★★ Excellent!!!

遺産を巡る三兄弟の争い、そこに眠る事件を解決することになった探偵……ここまでは推理小説の王道展開ですが、その「推理」そのものにメスを入れるかのような展開が繰り広げられるのがこの作品。
タイトル通り、パラレルワールドの如く幾つも生まれてしまう「未来」。どの可能性もあり得るしあり得ないと言う奇妙な状況の中、ある意味誰も観測することが出来ないラストまで、物語は一気に進んでいきます。

最後に訪れる幾つもの衝撃、そして見事な伏線の回収。予想した「観測者」はいないかもしれません……。

★★ Very Good!!

それぞれの手掛かりがそれぞれの推理を導いていく、新感覚のミステリーでした。

不見識で確信が持てないのですが、これが所謂、多重解決というやつなのでしょうか? とても面白かったです。

一つ一つの推理も複雑でなく、なるほどと思えるものがどんどん出てきて、まとめの推理にもすごい納得していたのですが……まあ、なんとも。きっちりタイトル回収までしてくるとは思いませんでした。

★★ Very Good!!

単刀直入に、「面白かった」です。

物語としては、嵐の山荘に、遭難した探偵役がやってくる――という王道とも言えるスタイルですが、しっかりとした筆致と、巧みに欺こうとする技巧が光り、また量子論的なパラレルワールドのような展開が広がって、新鮮な気持ちで読了することができました。

まさか、あんな結末が待っていようとは。

探偵という存在、そしてミステリィのアイデンティティが問われる作品でもあるかもしれませんね。

本格ミステリィが好きで、かつ驚きを得たいなんて読者の方におすすめです!

★★★ Excellent!!!

推理小説はあまり読まないのですが、これは珍しい分類に入るのではないでしょうか。私は思わず作者さんの世界に引き込まれてしまいました。

結末は一つではありません。どの結末を信じるかは読者しだいなのではないでしょうか。

推理小説に興味なかった私でも推理小説にも興味が出てくる作品でした。