彼はただの同居人【短編】

作者 和瀬きの

読み手を選ぶ、すごく難しい小説

  • ★★★ Excellent!!!


……正直にいうと、レビューを書くことをすごく迷いました。
でも……そうですね、こうしてこちらの小説に出逢えたのも何かの縁かもしれないので……
ただ一つ、願うならば……小説であることを祈って。





和瀬きのさんが、わたしと同じでないことを祈って。



小説とは環境が違う。状況が違う。
でも、似たようなことは現実に起こっています。

…………これは、このことは現実に経験した者でないとわからないと思います。

「彼が嫌い。彼が憎い。彼が怖い。彼を殺したい。彼のために人生めちゃくちゃにされるのは嫌だ。彼のせいで自分が壊れてしまいそうだ」

こう思えるのは、まだ壊れていない証拠です。まだ、救いがあります。
これ以上になると、感情を、心を消すしかありません。自分に執着がなくなり、親が物以下になります。
でも、それが正しいことかどうかはわかりません。幸せなことなのかも。


……どうか、この小説に共感する人がいないように。
気持ちがわかる人がいないように。

おすすめのレビューになっていなくて、ごめんなさい。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

松 詩桜さんの他のおすすめレビュー 52