槙原先生のお節介が凄過ぎて僕の恋がヤバい!

作者 山下ひろかず

180

66人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

学園恋愛物語です。しかし、ただの学園物ではありません。

主人公はボッチ系の冴えない男子ですが、強力な味方(?)がいます。
それは槙原美樹先生。彼女は教師にして主人公の最狂の味方なのです。

息をつく暇がないくらい惹かれる展開で物語は進行します。

作者さまの恐ろしいほどの構成力。更に台詞まわしに引き込まれました。

楽しくて笑ってしまう展開から、心に沁みるエピソードまで短編ながらも詰まっていて、満足いっぱいの読み応えです。

一度読んだら忘れない名作間違いなしの作品。
どうぞ、一読推奨でございます。

★★★ Excellent!!!

本作はラブコメジャンルの作品だが、同時にミステリ的な側面もある。

主人公の八嶋は高二の新学期初日、いきなり面識のない渡辺結依と付き合うことになる。
結依の従姉妹で八嶋のクラスの担任でもある槙原美樹が強制的に付き合わせたからだ。
だがなぜそんなことをさせるのか。そして、なぜ結依もこの唐突な状況に順応し、のっけから八嶋にキスをするなどということができてしまうのか。

言葉だけの答え合わせをすれば、それは槙原がとてもおせっかいで、そして美樹は恋愛というものを知らず、その代わり自分のことを案じる槙原のことを信じているからだ、ということになる。
こういう展開はいかにもフィクションらしく作り物めいて見えるが、しかし、かような類の不意を打たれる経験こそが恋愛の本質ではなかったか? 

そうして見ると、一種の「恋人ごっこ」にすぎないはずの八嶋と結依の様子が、むしろ普通の恋愛ものよりも遥かに濃厚で胸焼け必至のいちゃつきを展開してくるというところにも、むしろ自然さが感じられてくるというものである。

(必読!カクヨムで見つけたおすすめ5作品/文=村上裕一)

★★★ Excellent!!!

男性読者がキュンキュンしそうな物語でした(^^)
兄の彼女であり強烈にお節介な槙原先生が、主人公の誠と自分従妹の結依を恋人同士にしようとします。
無理矢理付き合わされているはずの結依がまんざらでもない感じだったりして、誠は次々に用意される過度なお膳立てに戸惑うのですが…

槙原先生がなぜそこまでお節介をやくのか、結依ちゃんの本当の気持ちはどうなのか、は物語の終盤に語られています。
とても読みやすく、テンポよく読み進めることができました。
二人ともお幸せに♡

★★★ Excellent!!!

とてもストレートで読みやすい物語です。
かなり強引な所もありますが、小説の世界ですから、誇張は付き物です。

それよりも、今の時代、強引に縁結びをする人が必要なのかも知れません。

言わば、梶原先生は、スパイダーマンやスーパーマンに並ぶ、世界を救うスーパーヒロインと言える気もします。

それにしても、このお膳立てには参ります。草食男子は悶絶しそう。

ただ、最後に漢を見せるのは、スーパーヒロインに見出だされた者の宿命です。

★★★ Excellent!!!

突然先生から申し渡されたのは、思いもかけないアル言葉でした。
しかもそれは、ウブな男子高校生には夢のようなお話。

大方の筋はエンディング前に先読みできます。できるのですが、だからこそ読み進みたくなるのです。

例えるなら水戸黄門(いや、ラブストーリーですよ。だからあくまでも例え、です)のように、ラストシーンで黄門さまの正体を知らされ、悪代官が「ハハーっ」とひれ伏すような、そんな溜飲が下がると言えば、おわかりでしょうか。

えっ? わからない?
おかしいいなあ、いい例えだと思ったのですが。

と、ともかく一度お読みください。そうすればわかります。
そして、もう一度、読みたくなります。
下手な仕掛けも、奇をてらうこともない、純粋な青春物語です。

いいなあ、もう一度もどりたいなあ、あの頃に。そう思わせる良作です。

★★★ Excellent!!!

読了した感想を端的に言えば、ラブコメ大好き人間の目から見てかなり驚きの作品です。素晴らしい! 

ジャンル的には、ご想像通りの学園ラブコメ以外のなにものでもありません。
しかし、この作品の面白さは、むしろその「誰がどう見ても学園ラブコメ」であることにこそ秘められていると思います。

まず、導入部の引き込み方が巧みですね。
真面目で友達の少ない主人公が、いささか強引で型破りとも思える女教師(槙原先生)の手引きで、初対面の内気な女の子(結依)とある日突然恋人同士になるように命じられます。
そして何が何だかよくわからないうちに主人公は彼女と交際することになって、しかもその場で言いなりのままキスまでしてしまう(!)。

なぜ、槙原先生はこんなお節介を焼くのか?
なぜ、結依は恋人になることを拒まなかったのか?

いきなり疑問が次々と浮かぶものの、物語はおかまいなしに先へ進んでいき、いかにも「お約束」的なラブコメ物特有のサービスシーンが繰り返されるようになっていきます。

ですが、そこで前述通り「いかにも男性向け的な学園ラブコメだなあ」と思い込み、ただただニヤニヤ読み進めていくと、物語後半に達したあたりで槙原先生の言葉にハッとさせられるでしょう。

たぶん、学園ラブコメのセオリーとか、「人が人を好きになるのはこういう経緯を踏まえるからだ」とか、固定化した先入観を持って恋愛作品を読んでしまう人ほど、いい意味で予想を裏切られるのではないでしょうか。
それで、なるほどそういうことかとわかってみると、ヒロインの結依ちゃんがなぜ、こういった従順な女の子でなければならなかったのかも、作劇上の理由から理解できるんじゃないかと思います。

ああ、この作品の「そう来るのか!」という感覚について、他の学園ラブコメファンの人とも是非語り合ってみたい(笑)。
イチオシです! 

★★★ Excellent!!!

どちらかと言えば被害者とも言える立場の主人公ではあるものの、
男子ならば物語を読み進める度に、羨ましいを心に抱くこと間違いなし。
そんな物語――だけでは片付けられない彼と彼女の青春?の1ページ。

主人公の感触やヒロインの可愛さは好感触なので、後はひたすら悶えるばかりなのですが、
ライバルイベントではこちら側のその心情が良い意味で揺らぎハラハラと楽しめます。

そして、立役者である先生が常にお話の核であるのですけれども、
普段の言動の真剣なのかおちゃらけているのかわからないあやふやさの中に、なかなかに的を射た恋愛価値観を混ぜ込んでくる辺りが
飄々としていながら好印象かつ、最後はやっぱり貴方なのねの全てを持っていく力強ささえ持ち合わせている良きキャラクター性を
作中中発揮します。

個人的にはあの人(ライバル)が、噛ませなんですけれどただの嫌な噛ませにごにょごにょなところが作風としても好印象でした。

最後に、個性の強そうな登場人物たちの紹介のように聞こえますが、先生を含めバランスよく物語を紡いでいます。
初々しい恋物語に身体をよじりたい人、また先生の納得できる恋愛観に共感したい人、一読いかがでしょう。

★★★ Excellent!!!

傷つく事を恐れてボッチになった主人公が、ある日とつぜん女の子と付き合う事に!?
もてない男なら、誰しも一度は妄想したことがあるだろうシュチエーション。それが現実のものとなったらどうなるのか?

経験値ゼロな主人公が、先生のお節介すぎる「HOW TO」によってぎこちな~い恋愛のイロハを学びます。

人は誰しも、守る者があってこそ本当の強さを身につけるもの。先生のお説教は正鵠を射たものです。
この御方、決して非常識なばかりではありません。若人は必見!

そして、私が一番感動したところは、この文字数。
今回の漫画原作小説コンテストの応募規定。
「三万字程度で完結し、漫画の原作となる作品(推奨)」この条件を明らかに意識して話を作っています。

厳しい条件に諦め、文字数をガン無視した作品の多い中で、この御方はキッチリ二人の出会いから恋の結末までを三万字代でまとめてきました。
その、信念と計画性には脱帽です。

私が審査員なら入賞間違いなし。
素敵な恋の物語をお探しを方は是非!



★★★ Excellent!!!

強引なお節介のお蔭で、少年の日常は大きく変化して行きます。
しかしそれは、少年が諦めてしまった物を取り戻す切っ掛けでもあったのです!

テンポよく展開される様々な出来事は、物語として非常に面白く、読者を飽きさせることの無い物でした。
すこし突拍子の無い場面も出てきますが、むしろそれ位の方がインパクトも出て、作品としては面白さが増しますね!

流石はコンテスト上位作品だと、感服しました!

★★★ Excellent!!!

 これ、すごいイイです! この作品めっちゃ好きです!

 おれも彼氏宣告受けてこんな可愛い娘と付き合いたい! そう思いました。

 構成や展開も上手いです。冒頭から彼氏宣告のシーンで引き込まれましたし、それからも飽きさせない秀逸な展開でした。

 個人的に恋愛作品は主人公が大事だと思っているのですが、この主人公は非常に好感が持てました。ボコボコにされても彼女を守ろうとする主人公の泥臭さが、たまらなくカッコよかったです。
 イチャイチャしているところも、しっとなど全然せず、ニヤニヤできました。

 最高の作品です! みんな読もう!

★★★ Excellent!!!

とにかく読みやすい文章と構成、きちんと起承転結があって物語としてしっかりと楽しめます。妄想で暴走しそうなキャラクターたちをしっかり押さえて、かなり考えて書かれた物語だと思いました。キーはやっぱり先生のキャラクターですね。とてもいい物語です。

★★★ Excellent!!!

唐突な恋人宣言からの甘酸っぱいラブコメ、ライバル登場と、突飛な始まりから王道に行くまでの流れが素晴らしく、一気に読んでしまいました!

槙原先生のことを盲目的に信じる結依に対しての主人公の葛藤など、内面描写も優れており「ああ、こんな子がいてくれれば・・・槙原先生はいらないけど、でも先生いなかったらこうならないよな・・・うーむ・・・」となりました


・・・そういえば。
槙原先生と結依は従妹同士。
主人公兄弟が付き合っているとしたら、どちらが先に結婚するかで一つお話が出来そうですね

とても面白かったです

★★★ Excellent!!!

テンポのいいストーリーと魅力的なキャラが面白く、一気読みしました。
初めにイベント・フラグありきですが、互いの気持ちがきちんと後から追い付いてくるところがいいですね。ラストもよかったです。

「現実にはこんなことあり得ないっ!(羨ましい!)」と思いつつ、よくよく考えると「お見合い」と同じシステムなので十分アリですね。
とりあえず、お二人ともお幸せにー。

★★★ Excellent!!!

正統派のラブコメというか、全く新しいラブコメというか、とにかく全編にわたってニヤニヤし通しのラブコメ(*´艸`*)
安易にふたりをくっつけたがる槙原先生という立ち位置ではあるが、意外とふたりは相性も良く(お節介という中継ぎがあったにせよ)お似合いの恋人同士になっていく過程がとても微笑ましい。突然のライバル登場も含め、主人公は良い人々に恵まれているなと、それもまた読んでいてほっこりする。読後感も爽やかな良作です。

★★★ Excellent!!!

槙原先生のキャラが立ちすぎてます(笑)。この人が物語の牽引役。
この作品を読んで、「きっかけ」っていうのは、何でもいいんだなと思いました。でも、そのきっかけだけは欲しい。
大事なのは、そのチャンスをどう活かすか。
この作品では、奥手な「ぼく」が槙原先生のお節介の波状攻撃に耐えながら、たくましく成長していくのですが、その様子が楽しくスイートです。
文体は丁寧ですが重くならず、「ぼく」の語りにぴったりな感じ。爽やかささえ漂っていると思いました。
どちらかというと、男子向けの作品でしょうか。お色気もほどよく有ります。

★★★ Excellent!!!

 普通、恋愛ものと言えば、偶然の出会いから始まって、さまざまなトラブルを乗り越えて結ばれる、というのが定番ですが。この作品はなんと、すべて先生のシナリオ通りという、通常の真逆をいく物語。イベントをクリアするとボーナスがもらえるという、ある意味、ゼロ年代の恋愛感覚か。こういうラブロマンスもあるのか、と衝撃を受けました。

★★★ Excellent!!!

もちろんいい意味で、です。
素敵な恋愛モノでした。
エピローグを読み終えたとき、思わず「甘ーーーい!!」と叫びたくなるほどです(笑)
こういう青春物語もいいですね。
内気な二人がどんどん溶け合っていく様は読んでいて、胸が温かくなりました。
また、強烈な先生の存在が物語のいいアクセントになっていて飽きさせず、スラスラと読み進めていけるのも良かったです。

★★★ Excellent!!!

ストレートなラブコメもの。

ある日女の子を紹介され恋仲に……そしてトントン拍子でイベントが進んでいく様は、ある意味男子の妄想を具現化したかのようで、男性ウケする作品でした。私も学生のときにこんなイベント発生してほしかった……。

そしてこの作品は、ただテンポのいいラブコメだけではなく、少年の成長の物語でもあります。少年の人との接し方、自分のあり方などを見つめ直すストーリーは、読了後に気持ちがいい余韻を残してくれます。読んでよかったと思える作品です。

ラブコメしつつも一方でメッセージ性が含まれている、そんな作品でした。面白かったです。

★★★ Excellent!!!

タイトル通り本当にお節介ですね(笑)
でも、それがいい!先生いいぞ、もっとやれ!って感じでした。

全体的に良くまとまっていて、最後のオチを読んだ時は満足感を得る事が出来ました。主人公の不器用さも良く表現されていて、ヒロインも可愛らしさが爆発しています。

面白かったです。未読の方は是非読んでみて欲しい作品です。

★★★ Excellent!!!

すごくおもしろかったです!
まず、きっちりとしたラブコメが描かれているので、すんなりとお話を楽しむことができました。

そしてこちら、ただのラブコメじゃないところもすごいんです。

序盤はラブコメしててるのに、トキメキよりもとまどいが勝ります。
昨今の物語はいきなり全力のサービスシーンから始まるものが多いので、こういうところはすごく新鮮でした。

そしてそのとまどいが、話数を重ねて行くうちにラブのドキドキに変わっていくんです。
何かクセになりそうな感じがしました。ラブコメ好きな方はぜひ読んでみてください!