ヤクザな退魔

作者 モロクっち

571

196人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

★★★ Excellent!!!

――

過去も読みたい。
ぐいぐい作品に引き込まれました!
バトルシーンも秀逸です。
マジョリティだけは、マジョリティだけはっ…………しかし面白いものはどうにもならない!!!
祓詞をあらかじめ知っていたので(一時期調べていました)にやにやしながら読みました。
ヤクザと退魔がここまであうとは、
恐るべし。

まだまだ多くの方に読んでいただきたい。

★★★ Excellent!!!

――

一気読みしてしまった。完全な三人称ではなく、ほどよく主人公の心情が混ざる文体なのだが、客観と主人公の主観の加減が絶妙。地の文自体も面白くてどんどん先に読ませる力がある。
主人公はものぐさでケンカが弱い、ヤクザらしくないヤクザではあるが、対霊となれば本領を発揮する。しかし実は本人は神様にお願いするだけで手を出さない。彼自身が戦わない(戦えない)からこそ、この男の「らしさ」が生まれている。
一方で周りはしっかりヤクザ。一般人には手を出さないという掟はあるものの、がっつりヤクザ。怖いおじさんたちがたくさん登場する。霊の描写も怖いが、ヤクザも別方向に怖く書かれている。関係者の方……ではないですよね?
最後はきれいに終わっているが、続きが書けないような展開ではない。ぜひ続編を。

★★★ Excellent!!!

――

元神主のものぐさヤクザと愉快な仲間たち。どうにも怠惰で愛される主人公(おっさん)、怖ーい幹部たち(おっさん)と成分濃い目に平均年齢高めのヤクザ退魔コメディ。どハマりして、旧ヤクも読みに走りました。あっちには鯉の正体も…。続きがとても気になります。続編に期待しています!

おおぬさ…大幣=大麻≠やばいアレ

★★★ Excellent!!!

――

ものぐさだけどやるとなったらやる主人公。
個性豊かな仲間。
意外と親和性の高い『心霊』と『ヤクザ』というストーリー。
どれをとっても面白いのに、「書籍化用で書き下ろしてポシャッた」というのが残念すぎる。
ぜひ書籍化、アニメ、ドラマ化と、広く展開してほしい作品。