フリースナイパー 暗殺少女

作者 じゃすかる以下略(Trijicon.)

59

22人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 物語冒頭の三人称視点。たった数行の文章で心を掴まれました。
 というのも、自然と緊迫した空気が、脳内に流れ込んでくる反面、主人公が少女ということも手伝って、「少女の行く先をみてみた」と、無意識ながらに、思わされる自分がいました。
 そこからのストーリー展開は、少女が語る一人称視点に切り替わるので、ともすれば、作者様には読心術の心得があるのかな、と、そんな錯覚を覚えさせられてしまいました。

 さておき。
 
 この作品の見どころとは、ズバリ、『ミリタリーに精通していない方々でも、作中に出てくる武器を想像しやす』というところ、なのでしょう。それを可能にするのは、作者様の文章力。説明口調にならず、なおかつ丁寧な言葉の配置は、羨望の眼差しを向ける他ないのでしょう。
 
 ある意味、読者を選ばない作品だと、私的ながらに思いました。
  
 緊迫した暗殺描写と、共感しやすい何てことのない日常描写の比率は、正に黄金比。双方の描写が、読者に与える印象を、互いに高め合っている。一言で言ってしまえば、相乗効果なのでしょう。
 
 長々と失礼しました。
 大変、おすすすめの作品です。