フリースナイパー 暗殺少女

作者 じゃすかるあんだーばーすてぃんがー

59

22人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

 物語冒頭の三人称視点。たった数行の文章で心を掴まれました。
 というのも、自然と緊迫した空気が、脳内に流れ込んでくる反面、主人公が少女ということも手伝って、「少女の行く先をみてみた」と、無意識ながらに、思わされる自分がいました。
 そこからのストーリー展開は、少女が語る一人称視点に切り替わるので、ともすれば、作者様には読心術の心得があるのかな、と、そんな錯覚を覚えさせられてしまいました。

 さておき。
 
 この作品の見どころとは、ズバリ、『ミリタリーに精通していない方々でも、作中に出てくる武器を想像しやす』というところ、なのでしょう。それを可能にするのは、作者様の文章力。説明口調にならず、なおかつ丁寧な言葉の配置は、羨望の眼差しを向ける他ないのでしょう。
 
 ある意味、読者を選ばない作品だと、私的ながらに思いました。
  
 緊迫した暗殺描写と、共感しやすい何てことのない日常描写の比率は、正に黄金比。双方の描写が、読者に与える印象を、互いに高め合っている。一言で言ってしまえば、相乗効果なのでしょう。
 
 長々と失礼しました。
 大変、おすすすめの作品です。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

すさんだ心にちょうど良い。凍てつくような…。
それでいて微妙に暖かい。
感情の動き、戦いの動機がストレートな感じで…。なんとなく、無垢とは言えないけれど、それに近いものがある。
少し無垢、やや純粋。くらい?
なんでこんなに彼女たちはお互いを大切にするのか。暗殺マシーンだからこそなのかもしれない…。

私は復讐少女編がすごく面白いと思いました。
多分、読む方によって好きな編が違うのかなと。
復讐少女編までも大分読み応えがありましたが、まだ続きがあるのがうれしいです。
まだ途中までしか読んでいないので☆2つで。
人形少女編、After War、もう1人のフリースナイパーも少しずつ順に読んでいきます。もう一人のフリースナイパーが楽しみ。
他の方のレビューと似た感じになってしまって申し訳ないのですが…本当にそんなブレない物語です。

【これから読む方へ】
ああ無常。と言いたくなります。
この日常がまだまだ続く気がする…。クールです。

長いので時間はたっぷり取るのがおすすめかも。
あるいは少しずつ読むのもいいですね。

さんがに★で称えました

★★ Very Good!!

――

暗殺少女の日常と非日常が淡々と描かれている。淡々と語られる文体により少女の起伏のない感情が伝わってくる。苦しい感情、怒りの感情、幸せなひと時を少女の非日常が奪い去っていく。熱いバトルさえも冷たいと感じる。冬の活躍がないのがちょっと勿体無い気がします。

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

国家に殺し屋として養成された「暗殺少女」の物語です。
まだ二話ですが、機械のように淡々と暗殺(狙撃)をこなしていく比叡弥生の二つの生活(暗殺者としての生活、中学生としての生活)が対比されて興味深いですね。
今後、彼女がどうなっていくのか、注目したいと思います。