第36話 救世の胎動⑩

「嘘だろ!?」

 トルエノも顔から血の気が引いていた。


 この覇王と形容できる超力の主。


 ――超力を隠せるカタストルだったのか。


 初めの出会いで気付くべきだった。

 そもそもあれほどの超力を直前まで気付かない方がおかしいのだ。

 けれどそれを悔いていても仕方がない。


 ルージュは探知能力をフル稼働させて探そうとする。

 しかしわからなかった。あまりにも力が大きすぎて探知がうまくできない。海の中で水を探せと言っているようなものだ。


 ただその中で一つだけわかることがあるとすれば、かなり近くにいる。

 目視できる位置にいてもおかしくはないと言うことだ。


 ふと窓を見ると影があった。


「チッ!」

 ルージュは手でルナを後ろに追いやる。


 パリィン――と窓が派手に割れて一人の男が室内に入ってくる。


 くちゃくちゃくちゃとガムを噛む汚い音が沈黙の部屋に響いた。


 堅く身構えるルージュやトルエノと違い、男は余裕の雰囲気でプーッとガムを風船のように膨らませて口に入れる。


 カプリコルヌ、その男だった。


 その不気味な目はじっとルナの方を見つめる。


「貴方、凄く純粋で綺麗な超力をしてらっしゃる。普通じゃない。ノワールにもカタストルにもそんな超力を放つシードを持った者はいませんね」


 そしてガムをベッドに吐き出す。


「探しましたよ、ワタナベ博士の置き土産」


 カプリコルヌはルナを指さしてにやりと笑った。


「クラウィス、本当に完成しているとはね」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます