EP3

第13話 バオム教①

 EP3 バオム教




 カタカタとキッチンから包丁とまな板のぶつかる音がしてくる。


 ルージュはその音で眠りから覚醒した。黒いライダースーツのままゴソゴソとベッドで上半身を起こしていく。


「相棒、朝ご飯できたぞ~」

「はいはい」


 半開きの目でブーツを履いてベッドからのっそり立ち上がった。枕の近くに置いていたゴムで髪を後ろで束ねる。


 白いショートパンツに蒼いブラウスを着たルナが、鼻歌を歌いながら皿を持ってくる。それを二つ、ベッドに置いた。


「なあいい加減さ、机の一つでも買わない? 不便だろ」

「そうねぇ、でもあと五日でここを出るし……我慢しなさい」

「えぇ~」

「次の都市ではちゃんと買うから。いいでしょそれで」

「ケチンボ」

「無駄がないって言いなさい」


 銀髪のサイドテールを振り回し、ブーブー文句を垂れるルナ。

 ルージュはそれを軽く受け流す。面倒は嫌いなのだ。


 その時のルージュの機嫌は良くもなく悪くもなかった。起きたてで感情の起伏もないのだ。

 ブルル――と通信デバイスが鳴る。


「……はぁ」


 通信をしてくる相手は一人しかいなかった。

 朝っぱらからアレの声を聞かなくては思うと、ルージュの機嫌が一段階悪くなる。


 しかし無視するわけにもいかず、通信には応答した。


「ルージュ」

「何の用かしらサイファー。朝からアンタの声を聞かされるこっちの身にもなってくれる?」

「ルージュ、何だお前そんなに私と長い時間お喋りしたいのか? いいだろう長電話に付き合って――」

「さっさと用件を言いなさいよ」

「任務だ。詳細は午後に伝える。バオム教関連なのでちょっと面倒になるかもしれん」

「はぁ!? バオム教ってアンタ――」

「では詳しい場所は電子メールで送ろう」


 そう言って早々と通信は切れてしまった。


「バオム教ですって……」


 ルージュの顔がひきつる。その機嫌が二段階悪くなるのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます