受け継がれし宝珠

作者 秋月 司

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全68話

更新

  1. 序章
  2. プロローグ
  3. 第一章 受け継がれし者
  4. 壱 青の人
  5. 第一章 壱ー①女と少年
  6. 第一章 壱ー②流影という男
  7. 第一章 壱ー③ここに来た理由
  8. 第一章 壱ー④加羅の想い
  9. 弐 銀の猫
  10. 第一章 弐ー①「銀の猫」と呼ばれる男
  11. 第一章 弐ー②猫の奇襲
  12. 第一章 弐ー③離されて
  13. 第一章 弐ー④猫の欲しい物
  14. 参 奇術使い
  15. 第一章 参ー①秀全と猫の思惑
  16. 第一章 参ー②受け継いで、くれるかい?
  17. 第一章 参ー③四方の神の恩恵
  18. 第一章 参ー④青龍の加護
  19. 第一章 参ー⑤奇襲――ジェフ
  20. 第一章 参ー➅助けるために
  21. 第一章 参ー⑦空虚な喪失
  22. 第一章 参ー⑧もし、もう一度
  23. 第一章 参ー⑨想いを伝えられたら
  24. 第一章 参ー➉紅の意志
  25. 第二章 白虎の行方と青い影
  26. 壱 エセンゼラ
  27. 第二章 壱ー①エセンゼラという国
  28. 第二章 壱ー②白虎の宝珠を
  29. 第二章 壱ー③リューク
  30. 第二章 壱ー④ゼファー
  31. 第二章 壱ー⑤チャンスをください。
  32. 第二章 壱ー➅宝珠の発動
  33. 弐 玄武と巫女
  34. 第二章 弐ー①巫女のいる鍾乳洞
  35. 第二章 弐ー②信じているから
  36. 第二章 弐ー③真実が知りたい
  37. 第二章 弐ー④新たな呪縛
  38. 第二章 弐-⑤生きて……いる?
  39. 第二章 弐-➅もっと見なさい、嘘つき。
  40. 第二章 弐ー⑦始まる悪夢
  41. 参 花の華
  42. 第二章 参ー①長旅の途上で
  43. 第二章 参ー②廃れた村
  44. 第二章 参ー③残された面影に
  45. 第二章 参ー④少し、休ませてもらおう
  46. 第二章 参ー⑤眠れる、わけがねぇ……
  47. 第二章 参ー➅あぁ、お前だったのか。
  48. 第二章 参ー⑦朱雀の加護を
  49. 第二章 参ー⑧次につなげていく命
  50. 第三章 巡り来たりて
  51. 壱 予兆
  52. 第三章 壱ー①艮の中央広場で
  53. 第三章 壱ー②秀全の望むこと
  54. 第三章 壱ー③降り出した雨
  55. 第三章 壱ー④お前が嫌いだ
  56. 第三章 壱ー⑤エリーとリューク
  57. 第三章 壱ー➅鎮魂の鐘の下
  58. 第三章 壱ー⑦心に蓋をかぶせて
  59. 弐 青い呪い
  60. 第三章 弐ー①前に、進むだけ
  61. 第三章 弐ー②雲の多い空
  62. 第三章 弐ー③安麗を守るのは
  63. 第三章 弐ー④闇夜にうごめく
  64. 第三章 弐ー⑤闇に乗じて
  65. 第三章 弐ー➅白みゆく中で
  66. 第三章 弐ー⑦深い眠り
  67. 第三章 弐ー⑧「呪」の正体
  68. 第三章 弐ー⑨エリーとリューク(ちょっと閑話)
  69. 参 それぞれの謀(はかりごと)
  70. 第三章 参ー①違和感を確信に
  71. 第三章 参ー②情報の断片
  72. 第三章 参ー③北を目指して
  73. 第三章 参ー④秀全の願い=「   」
  74. 第三章 参ー⑤探り合い
  75. 第三章 参ー⑥月明かりの下、お前の瞳に映るのは
  76. 第三章 参ー⑦玄武の力を借りて
  77. 第三章 参ー⑧だから、僕はそれを望まない
  78. 第四章
  79. 壱 陰の恨みと陽の祈り
  80. 第四章 壱ー①積み重ねられる陰の記憶
  81. 第四章 壱ー②呪いの侵食
  82. 第四章 壱ー③頼まれてやろう
  83. 第四章 壱ー④お願い、彼らを助けて。