幽月邸の夜

作者 杉浦 遊季

104

42人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!



森の中の洋館、人形めいた不気味な少女……ジャンルはSFですが、作品全体にはゴシックホラーのような不穏な空気が漂っています。

恍惚に支配された世界は一見美しいもののようですが、きっと破滅への道筋なのでしょう。物語の後の恐ろしい未来を予感させる、印象深い結末でした。

★★★ Excellent!!!

抗えない、いや、抗う必要などそもそもないのか。

山奥深くに隠された廃墟、幽月邸。
超越的に優秀な脳科学者、篠宮乙葉がそこにいると聞いて、「僕」は幽月邸に足を踏み入れる。
乙葉によく似た少女、記憶と自意識の曖昧な乙木とともに。

幸せのスタイルの未来形、その究極的な提案は、夢見心地の旋律に乗せた戦慄を、読者にもたらします。
良作サイコホラー短編です。

★★★ Excellent!!!

幻覚というものを人は見る。それは薬を使ったり、電子機器の助けを借りたり。本作では音楽の力でトランス状態となる。そこに見えるのは幻覚……しかし、幻覚が普通になればそれば日常のリアリティ。ホラー小説のノリで淡々と展開する「幽霊なんていない」恐怖に背筋が寒くなる。

★★★ Excellent!!!

いいですね、こういうミステリアスな展開。話の中にぐいぐい引き込まれます。
そして語り口は正統的なホラーのもの!
とってもいいです。
結末はここでは書けませんが、その書かれていない部分を想像するのがまた一興。いや、それこそが小説を読む愉しみ。
(企画ものらしく、いろいろな道具だてを楽しんで組み立てた気配はありますが、それを知らなくても十分に楽しめますよ)


★★★ Excellent!!!

二年前突如失踪し、人気のない洋館に彼女が住んでいると情報を得た彼は会いにゆく。彼女は脳科学の権威であり、彼は彼女に憧れ、また焦がれていた。
あの結末は彼にとって幸せなものだったのだろうか。覚めることの無い永遠のように続く幸福、彼が彼女に恋慕の感情を抱いていたというのならそれは幸せだっただろうけれども。
寂れた洋館、あの中で狂った幸福の幻影を見ながらこれからを生きていく、そう思うと少し背筋がぞっとしました。

★★★ Excellent!!!

洋館で繰り返された実験の末、彼女が導き出した答えは?

提示されたプロットすべてを組み込んだ良作。
自分も参加者の一人ですが、プロットのいくつかは触れる程度にしか導入できませんでした。

物語の構成といい、これほどうまく組み込める作者の手腕に羨望。
こんな違和感のない作品をいつか書いてみたい。

Good!

行方不明の先輩を訪ねて奇妙な洋館を訪れた主人公を襲う恐怖体験。じんわりと背中が冷えるようなSFホラーです。奇妙な世界に行くのではなく、人間の意識を変えることによって世界を奇妙にするというアイデアが面白かったです。また、篠宮乙葉は印象深いキャラクターです。もっと掘り下げて彼女のことが知りたいと思いました。

★★ Very Good!!

ジャンルはSFだったかと思うのですがホラーでもいけそうなお話でした。

人によって評価が変わると思われる内容なのですが、
私はどことなく、美しい幸せな世界を想像してしまった人なので、
すでに意識がなにかに支配されているかもしれませんw

短編で内容も簡潔、それでいてしっかりした枠組みのあるお話なのですが
男性主人公の先輩への意識(態度)の変わり方が早いのが少し気になりました。
でも実際こんなことあったら変わりますよね!

タイトル、とても美しいです^^

★★ Very Good!!

ほんと・・・大分違うものができあがるのですね・・・。
みんな、180度どころか・・・彼方まで違うようなジャンル。

書いたものだけが、感じられる特権かもしれないです・・・。

SFジャンルで間違いない作品ですね。
終わり方は・・・ホラー的なものを感じましたが。