萌え絵を敵視しているのは、実はフェミではない。③

 世間の、世界的な空気はすでにかなり前から「ロリコンは死ね」です。


 ここに認定されたらもう滅亡するまで止みませんわ。理解を得られるとは思わないほうがいい。絵じゃないか、という言い訳が通じないだろうってのもね。マジで滅ぼそうとしてるわけですが、それはフェミが理不尽なことを言っているというのではなく、「ロリコンは死ね」と言われているだけです。どんな理屈も無駄。


「子供を性対象とすることを推奨するような絵柄」だから激しい嫌悪を呼び、反発が広がっていく一方なわけです。アメコミ絵は違うからスルーされたのですよ。


「ロリコンは死ね」の社会通念にフェミが乗っかって「女性の権利侵害!」て言ってんのが正解と思いますわ。


 だから反論とか擁護が出れば出るほど、「ロリコンを庇う、子供の敵め!」という憎悪を煽るだけなんですよ。乳袋も、「萌え~、」とかも、としか映らないから、憎しみの炎がメラメラと燃え盛ってしまう。それはもう嫌悪感なんて生やさしいものではないでしょうね。


 根っこにあるのがなんだから、はっきりと己の感情が見極められないまま、なんとなくフェミの方に賛同している人々でさえ、はっきりと解ったらなおさら嫌悪に走る以外はない、というね。



つづく。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます