時代を振り返って系の歌番組

 昨日、やってた。これも前から言われてる通り、昭和のちょうど美空ひばりから始まって西城秀樹とか山口百恵の御三家世代、中期のピンクレディと聖子明菜の世代、そこからジャニーズのせいぜい嵐世代まで、あとはAKBが居るんだけど、ここはもう一部のオタが買い占めによって支える形式になってるから、数字が取れないって状態なんだろうなぁ、というのが見える番組構成になっていたね。


 二年三年とAKBがランキング独占していた時代を、たった一曲で済ませてしまう力技をどう捉えるか、て感じ。


 おそらく何曲も出したところで数字が取れないという判断なんだ、昭和の歌姫はそれだけ懐かしがる世代が幅広く居るのに対して、こっちは完全にバラけてしまっていて、こういう懐メロ番組的な数字に繋がらないってことだよね。

 お茶の間で家族全員で観てた時代と、ワンセグで個人が重課金に近い形態で人気を支えた時代の差、というか。今はまたさらに形態が変化して、メディア分裂の時代で本当にバラバラでさ、これ何十年かして過去を懐かしがるような番組は作れないよね、あまりにニッチで数字にならないから。


 そういう感じに全体を俯瞰してみて、今って時代は個人主義が極まって、何も共有できない時代なのかなぁという感じがして、商売も転換期なのは解っちゃいるけど、薄利多売は本当に無理になってきてんのかなぁという感じだわ。


 だけど、懐メロ番組でも解るように、時代に残っていくのは国民的ナントカっていう栄冠を得たものだけだから、そういう意味では生き残りが難しい時代なのかもなぁと思ったり。百年とかたって振り返った時にさ、文化の空白の時代とか呼ばれることになるのかもなぁとか、あんまり明るい未来は描けないね。


 今の時代を生きている同時代人には、将来、その時代が何と評価されるかは解らないんだよねぇ。良い時代になったとかウハウハ喜んでるけど、未来人から観たらこんな不幸な時代はない、と哀れまれてたりして。(笑


 みんなが手前勝手に好き勝手にバラバラで、気軽だろうけど、寂しい時代かもね。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます