第10部 新型コロナウイルスという幻想のパンデミック

第232話 コロナウイルスのワクチン特許取得のビルゲイツ財団が昨年10月にコロナウイルスパンデミックシミュレーション演習を実施、エイズのたんぱく質が遺伝子組換えで挿入されている?


こりこ

@korimaru0206

ビルゲイツ財団が後援する「イベント201」と呼ばれるコロナウイルスパンデミックシミュレーション演習が2019年10月18日に実施されました。3か月後の現在、コロナウイルスパンデミックが発生しています。偶然でしょうか?https://youtu.be/AoLw-Q8X174


YouTube ‎@YouTube

Event 201 Pandemic Exercise: Highlights Reel

206,629 回視聴•2019/11/04

centerforhealthsecurity チャンネル登録者数 2170人

https://youtu.be/AoLw-Q8X174



いいね565 16:02 - 2020年1月26日

Twitter広告の情報とプライバシー

582人がこの話題について話しています

https://twitter.com/korimaru0206/status/1221327438015107072


----------------------------------------------------------------

変態紳士【ゆっくり解説】

4 日前

Event 201 Pandemic Exercise: Highlights Reel (2019/11/04 )

https://www.youtube.com/watch?v=AoLw-Q8X174


もう計画されてたことです。この通りに感染は拡大すると思っておいてください。



変態紳士【ゆっくり解説】

18 時間前(編集済み)

現在編集中の動画テキストです参考にしてください。

返信コメントなどは打ち込まないようにお願いします

新型コロナウイルス対策動画


前回の動画から色々と情報が出回り始めて、

色々な方々が情報を提示してくださっているので、

その情報をまとめたものを提示したいと思います。


■コロナウイルス概要

まず、今回の新型コロナウイルスがどのようなものかというのを説明すると、

コロナウイルスとは(+)一本鎖 RNAウイルスとなります。

感染力においては、麻疹やHIV並みの感染力があり、

出てくる症状についてはSARSやMARSと同様な症状が出てきます。



■人工ウイルス説について

今回の新型コロナウイルスは一説に生物兵器だと言われています。

これは何故そう言われているかと言うと、

RNAの分岐配列GC値が何故かおたふく風やHIVに近い値を示すからです。



これを解説すると、まずDNA(デオキシリボ核酸)とは

皆さんが良く見たことがあるあの螺旋階段のような意味の分からん奴ですが、

あれとは違い、RNAは通常1本の鎖状になっており、

2本の鎖状になっている特殊なRNAと区分するためにSARSウイルスや

今回のコロナウイルスは一本鎖と明記されております。



RNAやDNAは大きく分けて三種類のヌクレオチドで構成されており、

リン酸基、五炭糖、塩基の物質で構成されております。

そして、この塩基の部分が4種類で構成されており、

RNAの場合はA(アデニン)、U(ウラシル)、C(シトシン)、G(グアニン)で構成されております。



GC数とはこのC(シトニン)とG(グアニン)の数であり、

通常のヒトコロナウイルスに近いウイルスと言われる

SARSのGC数は12.128bpであり、全塩基の数は29.727bpで

その割合、つまりはGC値が0.41となります。

これは一見通常のヒトコロナウイルスの

GC数10.452と近いように思えますが、全塩基数の27.317でGC値を計算すると

通常のヒトコロナウイルスのGC値は0.38となり、

おたふくかぜのGC値が0.43、

エイズやHIVのGC値が0.43となってしまい、

シトニンとグアニンの割合がエイズやHIVに近いものになっています。


つまりはエイズに近い感染力を有するのはこのためであり、

これは自然発生的には起こり得ないウイルスだと言われている由縁になります。

つまりは、SARSや今回の新型コロナウイルスは生物兵器の可能性が高いのです。



これを裏付ける情報として、FBIからの情報で

ハーバード大学教授と2人の中国人が21種類の

生物化学兵器を密輸したことで起訴されております。


つまり、中国政府(厳密に言うと派閥などがあるかもしれませんが…)による

計画していたテロだと考えられ、それにアメリカの研究者も絡んでいたという事実が

明るみになりました。これはもう陰謀論の領域を超えてきており、

普通のウイルスと認識して対応すれば多くの国民が死に至ります。




また、コウモリが感染源だとする中国政府の主張や、

日本メディアの論調ですが…




■感染者数/発症者数(確認された数)/死亡者数/回復した患者数


今回のウイルスについて、政府発表の感染者数や死亡者数、

回復した患者数は全て間違いです。断言できます。


まず、政府発表の感染者数は「症状を発症した対象者」のみのものであり、

14日間以上の潜伏期間中の感染者の中で発症していない人間が含まれていません。


HIVウイルスは1人から5人以上には感染すると思っていてください。

つまりは現在の政府発表の発症者数の最低でも5倍はいます。

そして潜伏期間があることから、これが更に何倍にもなると考えてください。

このウイルスが以下にヤバいものかが理解できるはずです。



死亡者数に関しては、中国政府は病院で亡くなった患者しかカウントしていません。

現在中国の色々な地域でバタバタと人が倒れています。

彼らは死者数にカウントされていないのです。

少なくとも現在の死者数の数倍はいます。

つまりは、死者数は未知数の状態だと認識してください。


また、致死率においては10%以上だと

感染者99人に関する詳細分析が、1月30日付で英医学誌「ランセット」に掲載された。

見解が出ています。2%だというのは全くの間違いです。信じないでください。



また、回復した患者数においても再度感染している患者も大勢います。

この状態の患者は免疫力が落ちてしまい。

多くの場合、2度目の発症をした場合更に症状が悪化します。



●新型肺炎「武漢だけで、2月4日までに最大35万人超が感染」英米研究チームより引用

https://news.yahoo.co.jp/byline/iizukamakiko/20200127-00160519/


そして、英米の研究チームにより感染者数が

2月4日までには、武漢だけで、25万人以上に達するという研究結果が出ています。

論文によると、感染者数の予測区間が164,602人〜351,396人とあるから、

最大35万人超が感染している状況となる可能性がある。


この研究チームによると、武漢で感染していると診断された人々の数は、

実際の感染者のわずか5.1%に過ぎないという。

つまり、約95%の感染者は自分が感染していることがわかっておらず、

そのため、他の人に知らず知らずのうちに感染させている“潜在感染者”ということになる。


Event 201 Pandemic Exercise Highlights Reel (Google自動翻訳用)

95 回視聴•2020/01/30

変態紳士【ゆっくり解説】 チャンネル登録者数 433人

https://youtu.be/tGl5yyVGCp8


(ユーチューブの日本語字幕の設定ですが、まず、歯車マークを押す→英語自動生成→もう一回字幕を押す→自動翻訳選択→日本語選択すると、日本語の字幕が出ます。そのまま再生してください)



----------------------------------------------------------------


新型コロナウイルスは、まるで1918年のスペインかぜと同じように「普通なら最も感染症に強い青年層と中年層を重症化させている」異常な感染症かもしれない - In Deep

https://indeep.jp/new-coronavirus-is-like-1918-pandemic/


----------------------------------------------------------------


 冒頭に示しました「ハーバード大学の教授が、ウイルスの密輸で起訴された」というのは、1月28日にアメリカ司法省の広報室ウェブサイトで公表されていたものを報じたものです。以下はアメリカ司法省の報道ページです。


・Harvard University Professor and Two Chinese Nationals Charged in Three Separate China Related Cases

(ハーバード大学教授と2人の中国人を3つの別個の中国関連事件で起訴)


これは、ハーバード大学のチャールズ・リーバー博士という教授が、ボストンのローガン国際空港で 2019年12月10日に逮捕され、その後、「 21種類の生物学的研究を中国に密輸しようとした罪」で起訴されたというものです。


簡単にいえば、アメリカで厳重に保管されていたウイルスを「中国に密輸しようとした」のです。


アメリカのメディアは、このハーバード大学の教授は中国の生物兵器スパイであると断じています。


リーバー博士は、ハーバード大学と共に、中国の大学でも研究をおこなっていました。


中国のどの大学かというと「武漢理工大学」なのでした。つまり、武漢にある大学です。ここで、ウイルスの研究をしていました。


そのような科学者であるリーバー博士が、「武漢にウイルスを密輸しようとして逮捕・起訴」されていたのでした。


さらに、別の記事では、カナダの国立微生物学研究所からも、中国のエージェントがウイルスを持ち出し、中国の以下の4つのバイオ研究施設に運んだと報じられています。そのようなことが何年も続けられていたと。


カナダからウイルスが運搬されたとされる中国の施設


1. 長春軍医科学院

2. 成都軍事地域疾病管理予防センター

3. 武漢ウイルス学研究所

4. 北京中国科学院微生物学研究所


ここにも武漢が出てきます。中国のバイオ研究の最高峰の施設が武漢にあるのですから、当然とはいえそうですが。


このように、中国の細菌兵器エージェントたちが激しく活動し続けていたことが示されたと共に、米ゼロヘッジは、中国の武漢でコロナウイルスに改変を加える研究をおこなっていた武漢ウイルス学研究所の中国人科学者を特定し、その論文を公開しました。


(中略)


周鵬氏のコロナウイルスの研究の目的

1. 武漢ウイルス研究所は、中国の最高のウイルス学および免疫学の専門施設のひとつであり、中国の最高のバイオハザード研究所である。


2. その施設の科学者である周鵬氏は、致命的なウイルスを運び伝達するコウモリの免疫機構を2009年から研究している中国の著名な科学者のひとりだ。


3. 周氏の主な研究分野は、エボラ、SARS、コロナウイルスなど、この世で最も病原性の高いタイプのウイルスをコウモリに感染させる方法とそのメカニズムを研究することだ。


4. 周氏はさまざまな免疫経路を遺伝子工学的に操作して、コウモリが感染しやすくなるようにし、その過程で潜在的に超耐性の病原体を作成した。その研究の中には、ウイルスの感染に対する生体防御機構において重要な役割をはたすタンパク質である STING 経路などの免疫経路の遺伝子操作も含まれる。


5. 周氏は、研究の一環として、自然免疫を克服したコウモリの変異したコロナウイルス株を研究した。これは「スーパー病原体」としてのコロナウイルス株であり、つまり、これらのコロナウイルスには、自然免疫の経路に耐性がない。これは現在世界に拡大しているコロナウイルスとよく似ている。


6. 11月中旬の時点で、周氏の研究室は、スーパーコロナウイルスとコウモリの感染症に関する研究の実施を支援するために、経験のない研究員たちを積極的に採用していた。


7. 周氏のウイルス学およびコウモリの免疫学に関する研究は、国立優秀青年基金、中国科学院、科学技術省の主要プロジェクトから資金援助を受けている。




次々と積み上がる中国の新型ウイルスが「生物兵器」である証拠。そして、武漢のバイオ研究所で研究されていた可能性のある「あらゆる人が免疫を持たない悪夢のコロナウイルス」 - In Deep

https://indeep.jp/one-chinese-scientist-could-be-linked-global-coronavirus-pandemic/

----------------------------------------------------------------



視点;専門家の見解からー「新型コロナウイルスが、対中生物学的戦争か」


マレーシア首相の特別補佐を歴任したマティアス・チャン氏が、「人工的に製造されたの新型コロナウイルスは、中国に対するアメリカの生物学戦争に等しい」と語りました。


マティアス・チャン氏は、マレーシア・クアラルンプールでIRIB通信との電話インタビューに、「研究所で製造されたコロナウイルスは、中国に対するアメリカの生物学戦争の手段に等しい」と述べています。


また、昨年10月に中国・武漢市にアメリカ軍300人が軍事計画への参加を目的に滞在していた事にも触れ、「この出来事からちょうど2週間後にあたる、昨年11月に武漢市で最初の新型コロナウイルスへの感染例が報告された」としました。


さらに、「この2週間という期間は、学術的な発見によればこのウイルスの潜伏期間に相当する」とし、「60の国際便、100の国内便、国内最大の特急列車網を備えた交通の要所である武漢市での感染例の報告から2ヶ月後、そしてちょうど中国の新年の前夜に、危険なウイルスの発生が発表された」と語っています。


そして、「新型コロナウイルスの蔓延は、アメリカの支持を受けた香港での民主主義支持者による暴動、および米中通商戦争の激化の時期とちょうど重なっており、またこの時期は豚インフルエンザや鳥インフルエンザによる経済損失が回復してきた時期にもあたり、現在では新型コロナウイルスという新しい形で中国を襲っている」と述べました。


チャン氏はまた、アメリカとの通商戦争を理由とした中国経済の没落、というタイトルでの報告の一部に、アメリカCNNが最近満足感を示している事に触れ、「このウイルスの蔓延は、中国に対抗する手段としてアメリカが必要としていたものだった」としています。


アメリカは、1940年代にもグアテマラで梅毒や淋病を、また2014年にはアフリカ・シエラレオネでエボラウイルスを、キューバではデング熱を多数の人々に意図的に感染させるなど、生物テロ手段の行使に関しても長い経歴を有しています。

https://parstoday.com/ja/news/world-i58684

----------------------------------------------------------------


『ばらしちゃいましたね。生物化学兵器新型コロナウイルス』

https://ameblo.jp/don1110/entry-12571468834.html



『コロナウィルスの特許はビルゲイツ薬はすでに日本人が開発していると発覚の話題』

https://ameblo.jp/sirayuki1227/entry-12571104353.html


----------------------------------------------------------------

●ウイルスと特許を結びつける

フェイクニュースのきっかけの一つとされているのは、ジョーダン・セザー氏。


セザー氏は、トランプ大統領支持の陰謀論を振りまくグループ「Qアノン」のユーチューバーとして知られ、これまでもUFOや宇宙人などをめぐる陰謀論を拡散してきた。


セザー氏は米国時間の1月21日夜、コロナウイルスについての一連のツイートを投稿する。21日は、米疾病対策センター(CDC)が、米国での最初の新型コロナウイルス感染例を発表した日だ。


セザー氏は、シリコンバレーの法律サイトの特許情報にリンクを張り、「コロナウイルス」に関する特許を英国の政府系研究機関、ピルブライト研究所が2018年に取得していることを示す。


そしてその主要な出資者の中には、世界保健機関(WHO)とビル&メリンダ・ゲイツ財団があるとし、いずれもワクチン接種の普及に力を入れてきた、と指摘。さらにこう述べている。


この病気の拡散は計画されたものか?


メディアは恐怖心を煽るために利用されているのか?


秘密結社が金が要りようになり、巨大製薬会社に備蓄を吐き出させようとしているのか?


この病気と"闘う"ためのワクチンは、すでに準備万端ということか?


何から何まで仕組まれているのか?

新型コロナウイルスでフェイク拡散:それは"ビル・ゲイツの陰謀"ではない(平和博) - Yahoo!ニュース

https://news.yahoo.co.jp/byline/kazuhirotaira/20200127-00160495/

----------------------------------------------------------------



 武漢ウイルス学研究所から流出した新型遺伝子改変コロナウイルス説もあるようです。

 米国の情報当局はたぶん、真相を知ってる感じですね。

 昨年10月に米軍300人が武漢に滞在していて、その二週間後11月にコロナウイルスの患者が出たというのは本当なんでしょうか?

 どうも事実らしいのですが、そうだとすると、コロナウイルスの潜伏期間と一致するようです。


 ビルゲイツ財団支援のコロナウイルスパンデミックシュミレーションが、昨年10月にあったそうですが、この時期の一致はどういうことでしょう?

 どっちにしても生物化学兵器説が濃厚で、対中貿易戦争の延長線上の米国説じゃないかと思います。


 人工ウイルスであることは濃厚になってきてますが、エイズウイルスに近い性質というのが気になるというか、感染二回目で免疫が落ちるとか、症状が悪化するとかどういうことだろうか?

 後述してるように、人の免疫機能を弱体化させるウイルスであるようですが、やっぱり、武漢での中国側のウイルス事故ではなく、10月に武漢に滞在していた米軍300人による犯行説が有力かなと思います。



『マッチポンプかよ ビル・ゲイツ氏の財団、新型コロナウイルスとの戦いに資金を拠出』

https://ameblo.jp/voyage011/entry-12570625168.html



TikTokで肺炎のデマ拡散、「ビル・ゲイツが治療薬開発」の誤情報も

https://forbesjapan.com/articles/detail/32050




 ちなみに、ビルゲイツ財団の動きとしては、

 

1、事前にコロナウイルス特許(2015年申請2018年認可)と新薬、ワクチンの開発。

2、昨年10月に米軍300人が武漢に滞在、コロナウイルス散布?

3、同時期の昨年10月にコロナウイルスパンデミックシュミレーションで万全の準備と打ち合わせ。

4、ビルゲイツ財団がコロナウイルスとの戦いに資金拠出する。

5、コロナウイルス特許(2015年申請2018年認可)と新薬、ワクチンの開発はフェイクニュースだという御用記事がヤフーに出る。やっぱり、朝日新聞関連のジャーナリストである。


 ビルゲイツ財団、怪し過ぎです(爆)

 フェイクニュース、反ワクチンという言葉を使ったり、陰謀論を否定する人は大概、嘘をついているの法則にも合致します。

 こういう事実を陰謀論だと否定する事自体がそれが事実ファクトだということを指し示してます。



 子宮頸がん打つと、子宮頸がんが40~50%増えるという世界的データが出てますので、ワクチン有害説には医学的科学的根拠エビデンスがあります。


第210話 英国など子宮頸がんワクチンを接種した世代で子宮頸がんが増加、HPVワクチンに全く効果がないことは明白になった - 洗脳社会<マトリックス>の謎を解く~科学も医学も迷信だった~(坂崎文明) - カクヨム

祝73万PV超えの人気エッセイ!? 真の科学と医学エッセイ!

https://kakuyomu.jp/works/1177354054881040030/episodes/1177354054892089327



 あるいは、ビルゲイツ財団が中国の研究者を支援してる可能性もあるし、自然免疫克服した新型遺伝子改変コロナウイルス作るなよ!と突っ込みたい。


 フェイスブックで中国の共産党のウイグル弾圧批判すると、削除されるらしいし、中国の繁栄にしても国際金融資本の支援なしには不可能だろうし、中国当局と国際金融資本は結びついていると考えた方がいいです。

 つまりは日本の国会の野党も与党もグルという構図は、国際的世界でもあって、中国と米国の対立があるとお金が儲かるので、そういう風に見せてるだけなんでしょうね。


 米ソ冷戦、北朝鮮のミサイルの脅威を放置するのも同様で、将軍様はちゃんと日本にミサイル落ちないように忖度してくれます。

 ついでに、ミサイル打った時は北朝鮮はイカ釣り漁船出して稼いでるし。凄い贅沢なミサイルの使い方です(笑)


価格.com - 「NNNドキュメント 〜不法海域〜北のミサイルと密漁船〜 #2403〜」2017年12月11日(月)放送内容 | テレビ紹介情報

https://kakaku.com/tv/channel=4/programID=4003/episodeID=1120800/




 ビルゲイツ財団としては世界人口削減できればいので、どっちでもいいのです。

 ビルゲイツ氏は、


1、ワクチンで人口削減できるとTEDで明言している。

2、自分の子供にワクチン必要ないと明言していて、子宮頸がんワクチンはもちろん、自分の娘に打ってない。

 オバマ、トランプ大統領、オーストラリアの元首相も子宮頸がんワクチンはもちろん、自分の娘に打ってない。

3、子宮頸がんワクチン(HPVワクチン)自体のノーベル賞がでっちあげの可能性がある。製薬会社がノーベル賞委員会を買収、資金提供した事実がある。



第222話 TEDでワクチン財団のビル・ゲイツが「ワクチンで人口削減できる」と明言、子宮頚がんワクチンが不妊ワクチンであることも科学的に証明された - 洗脳社会<マトリックス>の謎を解く~科学も医学も迷信だった~(坂崎文明) - カクヨム

祝71万PV超えの人気エッセイ!? 真の科学と医学エッセイ!

https://kakuyomu.jp/works/1177354054881040030/episodes/1177354054893064145



第211話 子宮頸がんワクチンに繋がるノーベル賞受賞自体に黒すぎる疑惑が! ノーベル委員会のメンバーが製薬会社の理事会に出席し、ノーベル委員会と製薬会社が提携してた件 - 洗脳社会<マトリックス>の謎を解く~科学も医学も迷信だった~(坂崎文明) - カクヨム

祝73万PV超えの人気エッセイ!? 真の科学と医学エッセイ!

https://kakuyomu.jp/works/1177354054881040030/episodes/1177354054892130533



第212話 子宮頸がんワクチン接種率の高いオーストラリアの元首相トニーアボット氏、ワクチン財団のビル・ゲイツ氏が娘と家族のためにワクチン拒否、富裕層に広がる反ワクチン主義 - 洗脳社会<マトリックス>の謎を解く~科学も医学も迷信だった~(坂崎文明) - カクヨム

祝73万PV超えの人気エッセイ!? 真の科学と医学エッセイ!

https://kakuyomu.jp/works/1177354054881040030/episodes/1177354054892131045



 しかし、子供は大丈夫で、中高年が発症するコロナウイルスという変な傾向があるそうです。

 子供と老人は真っ先に罹るのが普通なのに。

 この辺りはスペイン風邪と同じような感じだそうです。


 新型コロナウイルスにはエイズウイルスのたんぱく質が挿入されていて、どうも人工的に遺伝子組み換えされたうウイルスっぽいんですよ。

 科学者もそこを明言してしまうと暗殺されるので、誰も言えないという状況らしい。

 新型ウイルスは、遺体、吐瀉物、排泄物からも感染する可能性が高く、遺体は火葬にすべきという中国の科学者からの提言もあるそうです。


 人工的にノロウイルスのように体外に出ても死ににくいウイルスで感染力が強く、自然免疫を無力化するために、エイズウイルスのたんぱく質を挿入するという遺伝子組み換え技術でできた「新型コロナウイルス」という仮説が成り立ちます。


 コロナウイルスのように、RNA型のウイルスは遺伝子の鎖が一本しかなく、遺伝子変異しやすいですが、通常、体外に出ると早めに死んでしまいます。

 動物などに寄生しないと生きていけない生物であると言われてますが、体外ではまるで鉱物のように結晶化(無生物的性質)して冬眠できる能力を備えています。

 それで動物などの体内に入ると活性化して、生物のように振舞います。

 だから、ウイルスは生物と無生物の間の不思議な存在なのです。

 体外に出ると死んでしまうというのも、果たして本当かどうか怪しいものなのです。

 そして、宇宙空間で結晶化して隕石のひっついてどこかからやってくるという有力な説もあるのです。



なぜ風邪やインフルエンザは冬に流行するのか・・・「それはウイルスが宇宙から定期的に地球に運ばれるから」という確定的な説を無視し続けるせいで無意味な予防と治療に明け暮れる現代社会 - In Deep

https://indeep.jp/this-is-the-answer-germs-spread-in-the-winter/




 記事が追加されたので追記しますが、武漢のウイルス研究所でコウモリを使って人の免疫機能を働かせなくさせる研究も行われていたようです。

 細胞の情報伝達する受容体を機能不全にして、自然免疫が立ち上がらないようにする研究です。

 これが本当だとすると、エイズのようにちょっとした肺炎みたいな病気が致死性のものに変わってしまいます。

 それでエイズウイルスのたんぱく質を挿入されているのかもしれません。

 ここはまだ仮説ですが。



-----------------------------------------------------------------

武漢の研究は STING を機能させなくする研究

そんなわけで、ずいぶん話が遠回りしてしまいましたが、武漢ウイルス研究所の論文の内容は、


「コウモリの細胞内の免疫システムの最前線である STING を突然変異させて機能させなくする」


というものでした。


これは、 STING の中のアミノ酸のひとつに突然変異をおこさせたもので、それにより、コウモリの免疫システムは弱体化したのです。


しかし、論文を読んでいて思ったのですけれど、中国だけではなく、どのような国家や組織(テロ組織など)でも「ウイルスの研究を戦略的におこなっている組織」なら、STING に着目するだろうなと思います。


なぜなら、私たちが、風邪であろうと感染性胃腸炎であろうと「治る」のは、STING がウイルスを感知して、それからインターフェロンを働かせる各種の受容体などを起動させ、そしてインターフェロンにより、ウイルスの増加が抑えられて、その結果として病気が治る、という構造です。


しかし。


もし、「 STING が働かなかったら」。


どんなウイルスによる感染症でも、ウイルスの増殖が抑制されることがなくなるわけで、「病気がなかなか治らない」あるいは「ずっと治らない」ことになるはずです。


こうなると、どんな弱いウイルス感染症でも致命的になってしまうわけで、インフルエンザなどでも、通常は、STING とインターフェロンの働きによって、短期間でウイルスは細胞内で死滅するわけですが、


「 STING が機能しないと、そのようなことが起きない」


はずです。


つまり、たかが風邪やインフルエンザでも「致命的な疾患」となってしまう。


治らないのですから。



周博士の異常な愛情 または私はいかにして心配するのを止めてSTINGを愛するようになったか - In Deep

https://indeep.jp/dr-peng-or-how-i-learned-to-stop-worrying-and-love-sting/

-----------------------------------------------------------------


 まだ、「新型コロナウイルス」については仮説ににすぎないし、情報が錯綜してるので消化しきれていにので、まあ、話半分でお願いします。

 

 ただ、ビルゲイツ財団、子宮頸がんワクチンについての話は事実だし、子宮頸がんワクチン接種世代で40~50%子宮頸がんが増加してるのも世界的なデータが出てる事実です。

 接種率15%のフランスなどでは子宮頸がんは減少しています。

 


-----------------------------------------------------------------

インド工科大学の論文より

新型コロナウイルスのタンパク質は、 SARS と最も近い祖先を共有しているため、その2つのウイルスのタンパク質をコードする配列を比較した。そうしたところ、新型コロナウイルスから、SARS ウイルスにはない、以下の 4種類のタンパク質の挿入が見つかった。


「GTNGTKR」(挿入1)

「HKNNKS」(挿入2)

「GDSSSG」(挿入3)

「QTNSPRRA」(挿入4)


驚いたことに、挿入しているこれらの配列は SARS ウイルスのタンパク質に存在しなかっただけではなく、コロナウイルスの他の種にも見られないものだった。


ウイルスがこのような独自な挿入を短時間で自然に獲得することはほとんどあり得ないため、これは驚くべきことだった。


この 4種のタンパク質の挿入は、最近の臨床患者の分離株から入手可能な新型コロナウイルスのすべてのゲノム配列に存在することが観察された。


これらの挿入源を知るために、さらに解析を進めると、予想外に、すべての挿入がヒト免疫不全ウイルス-1(HIV-1)と一致した。


ここから先は専門用語の嵐で翻訳しきれないですが、ここまでのところで、内容的にはおわかりではないでしょうか。


この新型ウイルスには「エイズウイルス」の性質が含まれているのです。


それが挿入されたルートが、自然界でのものなのか、そうではないのかなどについては論文ではふれられていませんが、科学論文には珍しい「驚きの」とか「予想外の」という表現が見られます。


BioRxiv は「プレプリント」と呼ばれる公開の場で、プレプリントとは、学術雑誌に論文として掲載されることを目的に書かれ、完成している原稿を、査読前にインターネット上のサーバーで公開し、科学者たちと共有する場です。


投稿された段階で、世界中の科学者たちはその論文に対して自由な意見を述べることができます。今回のこの論文にも、多くの科学者たちからさまざまな意見が出ています。こちらの下段に意見の投稿欄があります。


そして、現在、多くの科学者たちが、論文を読んで、その 4つのタンパク質の挿入を確認しつつも、


「これは自然進化的に偶然そうなったものではないか」


と述べています。


いや、もう、そう述べるしかないのですよ。


何しろ、「自然進化的に偶然そうなったもの」でない場合、これは、人為的に操作されたことによるものということになってしまう。


そんなことを口に出せば、この世の陰謀論者と変わらない扱いになってしまう。


ですので、「自然進化的に偶然そうなった」ということで決着したい。


しかし、どうでしょうか。


さきほどのインドの科学者たちの論文にも、


> ウイルスがこのような独自な挿入を短時間で自然に獲得することはほとんどあり得ない


とありますが、他の同種類のコロナウイルスにまったく含まれないタンパク質が、自然進化の中で自然に獲得され得るものなのかどうか。


みなさんはどう思われますでしょうか。



新型コロナウイルスに「HIV (エイズウイルス)」のタンパク質が挿入されていることをインド工科大学の科学者たちが発見。さらに「感染しても免疫を獲得できない示唆」を中国当局が示し、事態は新たな局面に - In Deep

https://indeep.jp/found-hiv-in-wuhan-coronavirus/

-----------------------------------------------------------------


どういうことかといいますと、コロナウイルスの特設ページを設けて、ニュースをリアルタイムで報じ続けている中国のグローバルタイムズは、2月1日に中国の科学者による発表として、以下を報じていたのでした。


「新型ウイルスは、遺体からも感染が拡大する可能性がある」


「新型ウイルスは、吐瀉物や排泄物からも感染する」


これを受けて、中国当局は、新型コロナウイルスで亡くなった場合は、ご遺体をただちに火葬する必要があるとして、葬儀などのために遺体を移動することを許可しないという通達を出したそうです。


病院で亡くなった場合でも自宅などで亡くなった場合でも、原因が新型ウイルスの場合は、ただちに火葬場に搬送されなければならないということになったようです。



強力な病原体が世界各地で発生中。アメリカでは過去最強のインフルエンザ、中国湖南省ではH5N1鳥インフルエンザ、そして「史上最強のウイルス」である可能性が見えてきた新型ウイルス - In Deep

https://indeep.jp/bird-flu-china-powerful-us-flu-and-strongest-virus-2019-ncov/

-----------------------------------------------------------------


感染者は25万人を突破との分析も

とどまることを知らない感染拡大だが、今後はどうなるのだろうか。


英国の専門家グループ(理論疫学)は25日、「世界の新型コロナウイルスの感染者は2月4日に25万人を突破する」とする驚くべき分析結果を発表した。事態の急激な悪化を踏まえ、専門家の間では「SARSではなくスペイン風邪の事例を参考にして新型コロナウイルス対策を講ずるべきではないか」との声が出ている。スペイン風邪とは、1918年から19年にかけて世界的に流行したH1N1型のインフルエンザである。当時の世界人口は約20億人だったが、その大半が感染し、1年半という短期間に5000万人以上が死亡したとされている。


日本では「新型コロナウイルスの致死率は3%と低く、過剰に心配する必要はない」とのコメントがよく聞かれるが、スペイン風邪の致死率は「2.5%以上」と意外に低かった。このことは「致死率が低いウイルスのほうが、スーパースプレッダーが出現する可能性が高く、より多くの人が感染し、パンデミックが起きやすい」ことを意味する。


古い防災の常識では、「災害に関する情報をありのままに伝えると、一般の人々はパニックに陥り、かえって救助の妨げになる」と考えられてきた。だが最近の研究では、「実際のパニックが起きるケースは希であり、むしろ都合の悪い情報を無視してただちに行動を起こさない」という特性(正常性バイアス)が問題視されている。



RIETI - 新型肺炎、100年ぶり世界的パンデミックの懸念…中国からの感染者、入国阻止は困難

https://www.rieti.go.jp/jp/papers/contribution/fuji-kazuhiko/140.html

-----------------------------------------------------------------

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る