第92話 自衛隊員は海外派兵で戦死すると、自殺、事故扱いになる

---------------------------------------------------------

自衛隊は日本国を守るための軍隊なので、それがアメリカや中国の利益のために海外で戦って戦死しても、ヤスクニには祀られませんねw 絞首刑になったA級戦犯は祀られているけどw そもそも、戦死と認められないw 「自殺」扱いですw イラクと南スーダン、二回の海外派兵で「自殺」した自衛隊員が56名。みんな、「実は戦死」ですw お国のために命を捧げた結果が、「自殺」扱いで名誉の遺族年金も貰えないw これがアベシンゾーJAPANだ!

-----------------------

「安全な地域に派兵した」と言う発言を守るため

派兵された自衛隊員の安全・命は二の次か・・・

駆け付け警護とやらで自衛隊員に死人が出ても戦死ではないと言いはるのだろうな

-----------------------

現地で自衛隊員に死者が出ても「事故死」って扱いになるんだろうな

靖国には当然祀られないっていう

-----------------------

死んだら自殺または事故扱い

(iOSカクヨム規定により外部リンク削除、検索してみてね/「ネットゲリラ」より)

---------------------------------------------------------


陸上自衛隊は2011年から南スーダンのPKOに参加してきた。現地では、道路などの整備に当たっている。


陸自が駐留するジュバでは2016年7月、数日間で300人以上の死者を出す大規模な「戦闘」が発生していた。今回公開された日報は、その当時、陸自が置かれていた状況を如実に記している。


【全文】自衛隊は南スーダンで「戦闘」していたのか。黒塗りの日報、公開します

(iOSカクヨム規定により外部リンク削除、検索してみてね/「BuzzFeedNews」より)

---------------------------------------------------------


 これは非常にせつない話で、自衛隊はPKO派兵であって道路の整備などをしてるだけで戦闘行為はしていない→だから戦死はあってはならない→死んだら自殺または事故扱いになります。


 この<マトリックス>は早急に改めるべき嘘ですね。


 自衛隊の南スーダンPKOでの報告書はほとんど黒塗りで内容が分からないのですが、実際は内戦状態で多数の死者が出る戦闘に巻き込まれている可能性がある。


 流れ玉であろうが、なんであろうが、ちゃんと戦死は戦死扱いしてほしいですね。


 平和憲法もそろそろ改正して、自衛隊を軍隊として認めたらいいと思います。

 こんな政治家や役人の面子や言葉遊びで、国を守ってる人の名誉と尊厳を蔑ろにしてはいけないし、そういうことは辞めるべきですね。


 安部総理も戦争推進の割には、自衛隊員を粗末に扱うとは、文民の総司令官としては最低だと思います。


 首相官邸がテロリストに襲われても、誰も命を張って守ってくれなくなるでしょうね。

 自殺、事故扱いにしても、遺族の面倒ぐらいは見てるんでしょうかね?

 たぶん、してないんでしょうけど、それでは総理失格ですね。



洗脳社会<マトリックス>の謎を解く~科学も医学も迷信だった~ 作者 坂崎文明

https://kakuyomu.jp/works/1177354054881040030

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます