第80話 重曹がガンや放射能除去に効くというのは本当なのか?

もはや神の粉!?色々な用途に使える重曹がさらに癌や放射能被ばくに効くと話題に!

(iOSカクヨム規定により外部リンク削除、検索してみてね)


------------------------------------------------------------------------------------

 シモンチーニは、重炭酸ナトリウムを使って、いくつかの本物の後期過程のガンでさえ激減させ、全て除去する事に成功をしている。いくつかの症例では、この治療法は何ヶ月も掛かることがあるが、簡単に腫瘍に到達できる乳がんの様な他の症例では、数日あればもう十分という事はありうる。  


 ガンが真菌であるという事に関しては、ここに核心がある。

 サルベストロールは、真菌の攻撃に対する果物と野菜の中の自然な防衛システムである。そういう訳でサルベストロールは、カビ(真菌)害にさらされる生物種の中にしか見つからないのである。  


 それは、イチゴ、ブルーベリー、キイチゴ、葡萄、クロフサスグリ、アカフサスグリ、クロイチゴ、クランベリー、リンゴ、梨、青物野菜(特にブロッコリーとキャベツ類)、アーティチョーク、唐辛子と黄ピーマン、アボガド、ミズガラシ、アスパラガスやナスなどである。  


 さらに言えば、巨大製薬/バイオテクノロジー企業カルテルは、この全てを知っていて、ガン、すなわち真菌の攻撃に対する自然免疫能を弱体化させる為に、2つの重大な事を行った。 

・近代農業で使われている化学殺菌スプレーは、人為的に真菌を殺している。  


 そしてこの事は、植物や農作物がその防衛力、サルベストロールを発動する必要が無い事を意味する。今日では、有機栽培食品の中にしか、それは見られない。


ガンの真の正体・ガンジダとその特効薬とは!

(iOSカクヨム規定により外部リンク削除、検索してみてね)



 果物にカビがついた場合、植物はそのカビを溶かすのに酵素を出して対応します。実はこの酵素ががん細胞のアポトーシス(細胞死)を引き起こすことが分かってきました。  


 これがサルベストロールであり、多くの果物と野菜の中に自然に見つかる「がんに効くサプリメント」です。サルベストールを使用した結果、腫瘍マーカー(がんの診断や治療後の経過観察、再発や転移の発見に有効な基準値)の値が一気に下がったという報告もされています。


自然界のがん予防システム  


 動物は、サルベストロールに富む自然の果物や野菜を食べることで、体内に潜むがん細胞をアポトーシス(細胞死)に導いています。 

 CYP1B1とは、サルベストロールの化学構造を変化させる酵素で、サルベストロールをガン細胞を殺す因子に変えますが、健康な細胞へは危害を加えません。つまり、サルベストロールとCYP1B1の作用は、「自然界のがん予防システム」とも呼ぶことができるものです。 

 また、サルベストロールは天然植物由来の成分のため、正常細胞への影響(副作用)はありません。 

 近年、それを裏付ける研究もなされています。 

 これまでに約300人のがん患者に投与を行い、明らかな副作用は認められませんでした。 

 ステージ4(転移まで認められる状態)の肺がん、悪性リンパ腫、乳がんなどに著効例が出ています。 これらの結果から、サルベストロールは非常に期待が持てる物質である。  


(Schachter Center for Complementary Medicine, New York, USA のデータより)(iOSカクヨム規定により外部リンク削除、検索してみてね)(リンク切れ)

 

 高濃度のビタミンCを体に入れると、過酸化水素(H2O2)という物質ができます。

 がん細胞の多くは、この過酸化水素によりダメージを受けます。がんの表面がダメージを受け、抗がん剤が入りやすくなり、免疫細胞が働きやすくなります。 

 免疫細胞は体内の異物を排除するものなので、いずれの場合もがん細胞が破壊されます。

(iOSカクヨム規定により外部リンク削除、検索してみてね)(リンク切れ)

------------------------------------------------------------------------------------



 古代エジプトやインドではガンが身体の酸性化であり、アルカリ成分である重炭酸ナトリウムによってアルカリ化することで改善できるという知恵があったようです。


 確かに抗酸化作用は健康になるために重要だし、理論としては正しい。

 ガンにかかった人が野菜や果物を大量に摂取したり、ビタミン療法などするのはよく聞く話しだし、その成分のサルベストロールによってガンが治療されていたというメカニズムらしい。


 動物など自然界では野菜や果物に含まれるサルベストロールによってがん細胞だけ(正常細胞んは影響なし)を死滅させていたようです。

 医学的にも根拠があり、ガンの治療療法の一種として実践されてるようです。


 結局、抗がん剤治療は強力な細胞毒でガンを死滅させるが、結局、わずかに延命するだけで完治は難しい。

 致死率100~99%ぐらいだもんね。

 結局、ガンを治すという観点からは無駄な治療なのかもしれない。


「優しい治療の実践」/現在のがん治療の功罪~抗がん剤治療と免疫治/梅沢充医師のブログ

(iOSカクヨム規定により外部リンク削除、検索してみてね)


 どうも製薬会社の都合で患者に優しい治療はなかなか難しいようです。

 医者も大変だわ。諸悪の根源は製薬会社だね。

 グローバル製薬企業が厚生省をコントロールしてそういうことをやってんでしょうね。


 どうも抗がん剤や放射線療法は世界人口削減計画の一環であるようですね。

 化学殺菌スプレーによって植物のサルベストロールを作用させないという手の込んだ陰謀を行ってる可能性も出てきました。



 ま、それはともかく、がん治療は免疫療法中心がいいと思います。

 抗がん剤は副作用が強過ぎて患者負担が大き過ぎるし、製薬会社の都合で量を減らせないらしくてね(泣)

 ビタミンCや野菜果物の摂取は効果があるし、重曹などについても研究して欲しいですね。


------------------------------------------------------------------------------------

●重曹について:  


 口腔ガンや咽喉ガンと診断されて、危険な放射線治療を受けなければいけない場合、重曹を水に混ぜてうがいをすることで、放射線を中和することが可能です。重曹は、放射能汚染除去に強い威力を発揮します。  


 アメリカのニューメキシコ州ロス・アラモス国立研究所のドン・ヨーク氏は、ウランに汚染された土壌の浄化に重曹を使用しました。重炭酸ナトリウムは土中からウランを分離させて結合します。現時点でヨーク氏は汚染された土壌サンプルから92%のウラン除去に成功しました。  


●これだけでは信用できない、とお感じのあなたに: 


では、もうひとつお知らせ。アメリカ合衆国陸軍は、腎臓への放射線障害防止に重曹を推奨しています。

(iOSカクヨム規定により外部リンク削除、検索してみてね)


ベストアンサーに選ばれた回答  


fukanou1130さん  


炭酸水素ナトリウムが重曹の正体です。    


重曹は水に溶かすと、炭酸イオン、ナトリウムイオンに分離し、炭酸イオンは過飽和になると、CO2(二酸化炭素)として分離していきます。 


この反応の時に、水に溶けたセシウムイオンやストロンチウムイオンを、炭酸2セシウムや炭酸ストロンチウムとして一部固定化する反応が起こります。    


しかし、そのまま放置して、炭酸イオンと水中の二酸化炭素濃度が下がってくると、またイオン化して水に溶け込んでしまいます。   


効果があると言えばあるし、無いと言えば無い?   


重曹で食品の放射能物質を除去できますか? (とある原発の溶融貫通(メルトスルー) /阿修羅掲示板

(iOSカクヨム規定により外部リンク削除、検索してみてね) 

------------------------------------------------------------------------------------

    

 どうも重曹はイオン化して放射性物質と結合して固定化するようです。

 ネットの噂も意外と根拠あったりするね。


人口減少で絶滅の危機に瀕する5つの民族、筆頭は日本 (Sputnik)

(iOSカクヨム規定により外部リンク削除、検索してみてね)


いよいよ多死社会が到来 火葬場は友引の日返上でフル稼働 それでも10日待ちは当たり前

(iOSカクヨム規定により外部リンク削除、検索してみてね)

 

 日本人は絶滅危惧種に入ってるらしく、2位以下の他の国はチェルノブイリ周辺国ばかりです。


 人口減少の理由は放射能被爆なんだけど、人口ピラミッド的にはそんなに人が死ぬ理由が見つからないそうです。

 

 2016年10月31日の最新情報で首都圏では火葬場が10日待ちというのがあるようです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます