私はレビューが書けない。

作者 甲斐はじめ

62

29人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

正直言うと、星のため、レビューのために神経質になっている作家さんもいます。
わたしとしては読まれたということが嬉しさになります。
掘り返して読んでくださる読者さんにはいつも感謝しています。
そんな作家もいるということを覚えておいてくれるとさらにうれしいです。

Good!

“カクヨム”だろうと“……なろう”だろうと、その他の小説投稿サイトであろうと、作者は見てもらいたいから掲載しているのであって、決して星やレヴューが目的では無いと、響さんは思っています。
響さんが思っているだけで、他の方は違うのかもしれませんが、ここは自分の“力作”“会心作”“愛作”を少しでも多くの人に「無償で」見てもらう場所であり、そう言った意味で筆者様は最も作者に有難い読者様だと思います。

確かに星やレヴューをもらえばモチベーションは上がります。それらが多くなれば、ランキング入りを果たし、作品が良ければメジャーデビューもあるのかもしれませんね。
でも、それもこれも全てはまず読んでもらってからです。
読んで貰う為に作者が出来る事は、ひたすらに書き続ける事。そしてその発表の場がここである限り、読む事が大好きと言う筆者様は、何も気にせず読み漁って下さればいいのです。

響さんは、ここの星やレヴュー等は、コンビニやラーメン屋で店を出る時に

「ありがとう」「おいしかった」

と言われる程度だと思っています。無くても当たり前ですし、あったら少し嬉しい。
でも一番は常連さんになってもらえる事だと思いますので、ガシガシ!読みまくってくださいねwww

★★★ Excellent!!!

そこなんですよね、レビューに対する「変な勘繰り」「邪推」。
「書き手」でもあるならば、自分の作品に誘導するためじゃないかとか。
おかしいですよね、こういうの。

大多数の作者にとって、
「読んでもらえた結果のレビュー」は嬉しいものです。
おかしな想像なんてしません、きっと。
(もちろん、明らかに読んでないような的外れなレビューは別です)

本当に残念なことに、現在のカクヨムに於いては
作者さん(甲斐さん)の懸念を笑い飛ばせません。
「そんなことないって。書いてみてよ」と気軽に言えない。
それは本当に残念なことです。

……と、嘆くばかりではなく、私としても何らかの提案ができないものか、悩んでみることにします。

★★ Very Good!!

おっしゃっていることにいちいち頷ける自分がいます。私もレビューを書く時に気後れする質なので、結局書かなかったレビューがいくつかあります。(実は御作もそうでした)最後まで読んだけれどレビューが思いつかないという時です。

反面、作者としては寂しいと思います。時々PVが全話で増えて、きっと読んで下さったんだろうと思ってもノーリアクションなのは、どこかが気に入らなかったためか、もしかしたらただ全ページを開いただけなんだろうか、世に言うMODなんだろうかと思ってしまいます。そうして「読んでくれただけマシだと思おう」と自分自身に言い聞かせ、「つまらなかったんだろうなぁ。申し訳ありませんでした、無駄に時間を使わせてしまって」とため息交じりに思うわけです。

読者としての自分と、作者としての自分が両方いて、私は作者としての立場を鑑みて、それでもなるべくレビューを付けるようにしています。書いた方の気持ちをより優先しようっと。

なので貴方もいつかそういう気持ちになっていただきたいと少し思います。

★★ Very Good!!

純粋に読みたい、書きたい。それができない今の状態は息苦しいですね。
好きなものを好きというのはいけない事なのでしょうか? それができないのは悲しい話だと私は思います。
自分の小説をたくさんの人に読んでほしい。その気持ちは誰にでもあると思います。
しかしその方法が問題になってます。風評被害だってあると思います。
どうにか改善していきたいですね。

★★ Very Good!!

 それがただの被害妄想だったとしてもその恐れが作品に悪影響を及ぼさないとは限らないし精神的に繊細な人はレビューが書けなくても仕方ないのかも知れません。
 だから星の評価があるんだと思います。読んでいい作品だと思ったらどんどん星の評価を入れてください。多分それで悪く思われる事はないと思うから……。
 あ、でもそれも悪く言う人がいるんでしたっけ…作品のフォローさえためらうくらいですもんね。
 素直に自分の気持ちを吐き出せないのは辛いものですね。いつかこの殺伐とした雰囲気が緩和されて気持ちを素直に出せる環境になって欲しいものですね。