とあるエロゲシナリオライターの日常

作者 ひょうろくだま

エロゲーの変遷についてよくまとめられているエッセイ

  • ★★★ Excellent!!!

 著者はあくまで業界人の個人的日記であると前置きしていた。しかし、自分にはエロゲーの制作や業界が時代によっていかに変化してきたか、個人の視点でまとめたものでもある、そう感じた。
 自分は2010年代からエロゲーを知った人間だ。いつも市場に出回る作品の傾向が偏りすぎているように感じていたが、このエッセイを読んで、その疑問が解消されたように思う。長年業界に携わってきた著者の見解は、時代の実感を持ち合わせており、非常に納得がいくものだった。
 業界に携わりたいと思う人にも参考になるような意見が多く書かれているので、もし興味があるなら目を通してみるのも良いと思う。
 全体を通して非常に読みやすい。ライターである著者の力量を感じた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー