57:質問いろいろⅧ

 今回も質問に答えさせていただきます。

 早速いってみよう。


■流通やダウンロード販売、それぞれで、最終的に自社に入ってくる利益率(取り分)の割合ってどのくらいなんでしょう?


 ダウンロード販売のことはよくわからないのだが、通常のパッケージ販売の場合、確かメーカーの取り分は4割程度で、よく売れるメーカーだと5割近くになったりするそうだ。

 流通との契約によって、取り分は変わってくる。



■流通やダウンロード販売、自社販売(コミケとか自社ECサイトとか?)それぞれで、販売本数の割合ってどのくらいなんでしょう?


 これも俺が聞いた範囲でになってしまうが、数万本売るようなメーカーはパッケージの割合が高くなるが、そうでない場合はパッケージとダウンロードで半々くらい、場合によってはダウンロードの比率の方が高くなるそうだ。

 パッケージが3000本しか売れていない作品があったとして、評判がいいとパッケージではなくダウンロードの方が伸びていって、最終的にパッケージ3500、ダウンロード7000、合計一万突破! なんてこともなくはないようだ。



■ダウンロード販売の場合、自社ECサイトを構築した方が手数料とかは掛かりませんが、構築すべきでしょうか?


 このあたりも門外漢なので深い話はできないが、外部に一任することで、「他の作品のついでに買ってもらえる」「目につく機会が増える」というメリットも生じるため、ケースバイケースではないだろうか。

 構築&管理できるのであれば、外部に委託しつつ自社でも販売するのが一番いいのかもしれない。


 ただ、前にも触れてはいるが、新参メーカーが流通などを排除して自社販売に特化しようとすると、広報・営業であからさまな冷遇をされかねない。

 そうなってしまうと非常につらいので、ある程度は割り切って流通と付き合っていく必要があるだろう。



■自分は将来シナリオ関係(例えばラノベやひょうろくだま様のような美少女ゲームのシナリオライター)を目指している高校生です。(中略)エロゲの業界特に内勤を考えた場合、そもそも学歴が何かプラスに働くのかというのを教えて頂きたいです。


 学歴は正直関係ない。

 おもしろい話を書ければそれでいい。


 が、おっさんになって思うことがある。

 もっと勉強しておけばよかった、と。


 受験勉強ではなくライティングの勉強をした方がいいのではないか、という迷いを質問者から読み取れるが、どんな経験もライターにとっては無駄にならない。

 受験勉強で、そして大学で学んだ知識が、そのまま武器になる。

 大学で作る様々な思い出が、シナリオにそのまま生きてくる。


 大学行きながらでもシナリオなんて書けるんだから、視野を狭めず、できることはなんでもやった方がいい。

 あと、大学出ておけばご両親もあなたの選択、決断に文句は言わないだろう。


 若いときは一直線に目標に向かいたいと思ってしまうものだが、遠回りをすることで得るものもある。


 勉強、がんばってください。


 あと、質問文そのまま載せちゃってる俺が言うのもなんだが、エロゲは18歳未満はやっちゃいけないからな!

 ツイッターとかでおおっぴらに感想とか呟かないようにな!

 そういうので規制が厳しくなったりするから!



■私の大好きなエロゲ声優・鳥居花音さんの出演作をチェックしていました。人気キャラも多く、ユーザーにも広く支持されていたと思うのですが、ある時期を境にまったく見なくなりました。

噂ではナレーターに転身したという話までは聞いたのですが、その後は本当に消えてしまったようです。

本人の意思で引退されていたらしょうがないのですが、人気があっても何らかの理由で干される?敬遠される?といった事を聞いた事はありますか?


 結婚・出産を機に仕事を減らしたり引退する声優さんは、そこそこいるようだ。

 干されたなんて話はほとんど聞いたことがないが、声優はキャリアに応じて自動的にギャラが高くなっていくシステムが存在する。

 なので、ベテランになればなるほど仕事が減っていくのは仕方のないことのようだ。


 あとはフリーになったら仕事が激減した、なんてケースも多いだろうか。

 事務所繋がりでオファーするケースは結構あるので、その繋がりが切れると、名指しでオファーが来るような声優じゃないと厳しいようだ。


 もちろん、俺が話しているのはただの憶測だから、実際はどうなのかわからない。

 声優業界はなかなか複雑なのだ。



 今回は以上です。

 それではまた次回。

 質問お待ちしております。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます